2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍年好!CONG XI FA CHAI ★ 恭賀新禧

IMG_3335-2.jpg

新春快乐
全家平安
心想事成
岁岁平安

2012年2月23日は中国暦(旧暦)のお正月。いわゆるChineseNewYear(ちなみに日本語だと中国正月もしくは旧正月,マレー語だとTahunBaruCinaと言います)で、中華系マレーシア人のお宅にもやっと新しい一年の到来です。中国正月は春節ともいわれ、中国本土ではおそらく冬から春へ季節が移っていく節目でもあるのだと思いますが、四季のないここでそれをあまり感じることはできません。でも、だからこそ逆にこの春節が親族意識の強い中華系の方々にとって一年に一度ここマレーシアからもっとも強く遠い祖先の故郷である中国本土の季節に思いを馳せる大切な時なのかもしれませんね。

IMG_3328.jpg

私の住んでる近くの町にも中華系マレーシア人の方は多く、町のお店にはもうだいぶ前から中国正月のための飾りや親類・知人・隣人へ贈るミカンが溢れて中華系の方々が住む家々は赤い提灯で彩られています。(ちなみにミカンは他民族・他宗教でも大盤振る舞いにいただけるので職場の皆も大喜び♪私もこの時期は家に食べきれないほどミカンが溢れて幸せいっぱいです。このミカンには互いに福がよく回るようにとの願いが込められているのだとか。)

IMG_3149_20120126112403.jpg

さて、ご存じのとおり中華系の方々のルーツである中国は広大で言語も北京語・広東語など土地や文化圏によって多様です。なので中華系マレーシア人と一言で言っても祖先の故郷によって話されている言葉や文化・伝統,宗教など多様なのだそう。ちなみに昨年の中国正月、うちは同僚(こちらではCinoと呼ばれる先住民族ドゥスン族の血と中華系の血が入った仏教徒のお友達)のお宅にお邪魔させてもらったり仏教寺院に連れて行ってもらったりしたのですが、今年は日頃から大変よくしていただいている福建省にルーツを持つ道教徒のお友達、Leeさんちについて行かせてもらってきました。

IMG_3155.jpg

中国正月前日の1月22日、新年を前に家族・親類で集まり食卓を囲みます。豚肉三昧の豪華な料理と福建語の楽しそうな家族の会話。福建語は分かりませんが家族が顔を揃え大勢で和気あいあいと話し笑っている様子には幸せが溢れていて、うちもあたたかい日本の大晦日/お正月を思い出しました。子どもたちもいつもより少し遅くまで起きていて、家の前で花火をしたり爆竹を鳴らしたりとても楽しそう♪(Leeさんちの子どもたちがうちのことも混ぜてくれました。ひさしぶりの花火、楽しい!へへ。)

IMG_3172.jpg

ちなみに今年も皆さんからたくさんの“紅包(アンパオ) ” と呼ばれるお年玉をいただきました。このアンパオは年長者から年下の人へ、既婚者から独身者へ贈られるのでまだ独身のうちもありがたくいただいちゃいます❤ いただく金額よりも、数多くアンパオをもらうこと/配ることで福がよく回ると考えられているそうです。

IMG_3230.jpg

1月23日23時頃になると街の至る所で爆竹が鳴り響き、打ち上げ花火が上がりはじめます。友人曰く、なんでも中華系の文化では23時~24時までの1時間はひとつのくくり(?)で、1月23日の23時になるともう年を越しているということになるのだそうです。(私は深夜0時に心の照準を合わせていたのでだいぶ気が抜けてしまいました…笑。)

IMG_3218.jpg

Leeさん夫妻は道教の神様が祀ってある祠(?)に特別のお供え物をし、この一年に財や福がたくさんやってくるように色紙でできたお金や服、宝船を火にくべて道教のお祈りをします。

IMG_3238.jpg

IMG_3253.jpg
(↑色紙でできたお金のようなものが燃えているの見えますか?)



さて、1月24日はLeeさんちのオープンハウス。
町のフードコートを経営したり他にも一族皆が手広くビジネスに成功されているLeeさんのオープンハウスはまさに豪華絢爛で、町一番のホテルから頼んだ50人分のお料理や果物、その場で焼いてくれる1000本の炭火焼き鳥、数箱分のビール・ジュース、そしていくつもの大きな円卓がLeeさんちのガレージに所狭しと並びます。

IMG_3338.jpg

獅子舞も小さな子どもたちの獅子舞集団がやってきて大人顔負けのドラ演奏と舞を披露しにきた後さらに熟練の青年団がやってる獅子舞もやってきて、どうだ!と言わんばかりに迫力のドラ演奏と舞、演武を披露してくれました。

IMG_3295.jpg
↑子ども獅子舞チームと青年獅子舞チームが向かい合って挨拶代りに舞を踊っているところ。
手前でこちらに背を向けているのが少し丈の低い子ども獅子舞チームで、奥のこちらに顔が向いている方が青年獅子舞チームです。

IMG_3355.jpg

IMG_3363.jpg

断続的に降る雨の切れ間に足場を拭き拭き披露してくれた青年獅子舞チームの演武、支柱の上での見事なアクロバットはまさに圧巻でした!

IMG_3364.jpg

中国正月はこの日から15日間続きます。
中華系の方々は親族や友人とすごしたり先祖のお墓や寺院などにお参りをしたり、まだまだドラ隊と獅子舞が街をねり歩いたり…と、もうしばらく朱や紅の飾りで彩られた華やかな日々が続きそうです。





   
   
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aibilamana.blog52.fc2.com/tb.php/95-3213016d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Kg.Serinsimでのアクティビティ «  | BLOG TOP |  » 王様よりも女王様

Terima kasih❤

Terima kasih
** ありがとうごさいます ** 

“便利なモノ”じゃなく
“本当に必要な大事なもの”

“人を傷つけるモノ”じゃなく
“命を守るもの”

“競争”じゃなく
“共生とバランス”

にしっかり心を込めて

ゆったり自然に
暮らしていきたいと思います*

Profile

ai107

Author:ai107
Ai Kinoshita


いつでも “Bila-bila”
どこでも “Mana-mana”

大切なものを大切に…

このBLOGでは
日々のいろんなことを
まぁ ぼちぼちと

ほんとうにだいじなもの
を見過ごさないために。


* * * * * * * * * * * * *
2010.6-2012.6
Malaysia, Sabah州Keningau
青年海外協力隊
* * * * * * * * * * * * *
2012.7-
やまぐち うべ
* * * * * * * * * * * * *

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のできごと

月別アーカイブ

テーマごと

絵本 日々の生活 ふるさと この国で暮して… 山登り ふっと心に浮かんだコト えほんCafe 保存食 とびだす症  ぽつりぽつり 私たちの国 日本の夏 ぽつりぽつり。 文化/暦 とびたす症 いただきます お知らせ ぱぎちゃんのおはなし。 Borneoの自然 Malaysia/Borneoの文化 川の環境教育(REEP) 任地クロッカー山脈公園 村でのコト 楽しい思い出♪ サバ公園局のオシゴト 言葉 MercyMalaysia 任地での生活 環境分科会活動 環境問題 

カテゴリ

未分類 (19)
life (47)
JOCV活動 (29)
ぽつりぽつり (19)
イスラム教文化 (4)
日本でのぽつりぽつり (21)
わたくしごとですが。 (8)
ふらりふらり (17)
おしらせです。 (12)
ぱぎちゃんのおはなし。 (5)
心の肥し (6)
心を込めて暮らす (20)
つながり (3)
てくてく。えほんCafe への道 (9)

Berapa orang datang...?

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集♪

おすすめの本

CrockerRangePark

任地クロッカー山脈公園の写真です

Keningau Life

マレー人もビックリ! "ケニンガウ文化" な毎日

中秋晩会

中華系マレー人の方に誘っていただいて、“中秋晩会”というお祭りに参加させてもらってきました。星暦(旧暦)の8月15日、中秋の名月を祝う中国のお祭り(日本で言う十五夜です)。

Malaysia Life 1

みんなに見送られいざMalaysiaへ!! 同期と過ごした首都クアラルンプールでのオモシロ1ヵ月♪

Kg.UluSenagang&MongolBaru

クロッカー山脈公園内CommunityUseZoneとなっている ウルセナガン・モンゴルバル村.     ムルット族の人々が暮らすこの村がうちの活動拠点です♪

Makanan di Malaysia

マレーシアの食べ物事情いろいろ♪

Movie di Maiaysia

Smile di Malaysia

検索フォーム

ブロとも申請

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。