2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pesta Kaamatan ②

  

5月30、31日の Pesta Kaamatan について Part2


*********************



この Pesta Kaamatan がカダザン・ドゥスン族の伝統宗教 Bobolia とその神話に則った伝統的/文化的な収穫祭だというのは前にも書いた通り。



お祭りはシャーマンたちによる米の精へ感謝と豊作を祈る儀式から始まります。

Kaamatan 326 (2)

その昔 自分の身を犠牲にして人々を飢饉から救った Huminodun は、米の精霊 Bambaazon となりました。(※詳しくは米の精霊 “Bambaazon”を見てくださいませ)

だから今でも米や米で作られた加工品の中にはBambaazon が存在しています。

稲の生育過程で、鳥獣や水害,人間の行為によって傷つき、バラバラに引き裂かれた Bambaazon。

Bobohizan と呼ばれるシャーマン(カダザン・ドゥスン族の伝統的な心霊専門家)は、
精神世界を旅し、引き裂かれて彷徨っている Bambaazon の部分を集めて合体させ、納屋に引き戻し、ご馳走を振る舞って宥めてから次の豊作を頼むそうです。

この儀式は Magavau といわれ、
Magavau とは、カダザンドスン語で“人が失ったものを回復する”ということを意味するのだとか。

今ではカダザン・ドゥスン族協会にある大きなステージ上で煌びやかな照明の中おこなわれるこの儀式ですが、この収穫祭においてとても重要なものなのです。



この他にもメインステージでは、様々な部族の収穫を祝い豊作を祈る伝統的な踊りが披露されます。
(伝統的な踊りは、農耕の様子が表現されてたりしてすごく興味深い!)

Kaamatan 341


もちろんメインステージ以外もすごい人だかり/盛り上がり。

Kaamatan 157

会場では民族衣装をまとったたくさんの部族が伝統音楽・伝統舞踊を披露したり、腕相撲大会や吹き矢といった伝統的なスポーツ競技も行われていたようです。
…伝統的なスポーツをやってるところは黒山の人だかり(しかもおじさんばっか)で近付いても人波に押し戻されてほとんどなにも見れませんでしたが…。


Kaamatan 132

サバ州には70以上の民族/部族があるといわれていて、同じ民族でも住んでいる地域ごとに部族があり衣装や言語などの文化もそれぞれに違うので、2日間会場内のいたるところで多様な民族の文化を楽しむことができます。

Kaamatan 234

あとは日本の収穫祭のようにお米の品評会があったり…

Kaamatan 243

伝統工芸品などのお店がたくさん出ていたり…

Kaamatan 312

もちろん食べ物の屋台もたっくさん!

Kaamatan 212

そして 収穫祭なので、米からつくる伝統的なお酒 Tapai はもちろん、ビールも飲んで酔っ払った人たちもたっくさん…!(笑)


日本の収穫祭や夏祭りをイメージしてもらうといいかもしれません。

老いも若いも集まって 歌ったり踊ったり飲んだり食べたり 楽しむでしょ? ♪



Kaamatan 319

さて、 Pesta Kaamatan のハイライトは、“Unduk Ngadau” と呼ばれる 今年の“収穫祭の女王”を決める美女コンテスト。
(ちなみに上の写真が去年のクイーン)

“Unduk”は食物の新芽を意味し、“若さ”と“進歩”の象徴。
“Ngadau”は正午の太陽を意味し、心・精神および身体の総合的な美を備えたカダザンドスンの理想的な女性を示します。

このイベントは、米の精となった女神 Huminodun にもっとも似た理想的な女性を選ぶもので、知性に溢れた慎み深い美人が選ばれるのだそうです。

各地区の Kaamatan で選ばれた代表40人が一堂に会して、たった1人のクイーンを選ぶので、会場は自分の地区の代表を応援したりする人々で溢れかえり、超満員の大盛り上がり。

Kaamatan 001
↑5月30,31日に開催される州全体の Kaamatan までに、各地区で行われた Kaamatan で選ばれた地区の女王(40人)が出揃い、新聞で告知されます

Kaamatan 255
↑5月30日(Kaamatan1日目)翌日の最終選考会へ向けて美女たちのお披露目

Kaamatan 272
↑まだ本選考会じゃないのにこんな人だかりです
(写真撮りながら本当に人の波で窒息するかと思った…)


そしていよいよ5月31日(Kaamatanフィナーレ)。
舞台に色とりどりの美しい民族衣装で着飾った40人の美女たちが静々と舞台に現れると、超満員の会場は一気に沸きたちます!
(写真では分かりづらいですが、民族衣装の金の縁取りや色鮮やかな刺繍がキラキラとして本当に綺麗でした☆)

Kaamatan 367

コンテスト名“Unduk Ngadau”が新芽(若さ・進歩の象徴)を意味するように、エントリーする女性は18歳から23歳くらいまでととても若い!

でも伝統を重視しているのかメイクと髪型が異様に古めかしい!!
(聖子ちゃんカット?女子大生時代のうちのママみたいな髪型…笑)


選考基準は…
 
外見的な美しさ   40%
民族衣装の美しさと着こなし  30%
舞台での立ち居振る舞い   10%
マレー語&民族語でのスピーチ   10%
時事問題への受け答え等のプレゼンテーション   10%

もともとサバ州の場合、(みんなマレー語はもちろん話すけど)自分の村や同じ民族同士では民族語(カダザン語/ドゥスン語/ムルット語/ルングス語 etc...)で会話するのがあたりまえ。

だから今回のような民族の文化的な年中行事ともなると
司会はマレー語・カダザン語・ドゥスン語・英語が入り混じってるし、
コンテストの合間合間に歌手(?)が登場してドゥスン(カダザン?)語の歌を熱唱するし、、
美女コンテストのスピーチはもう何語なんだか民族衣装見て想像するしかないし、、、
ってなるのもまたあたりまえ…。


マレー語で聞き取れた部分によると、
その場で引いたクジによって質問される時事問題への受け答えでは、

「どうやってゴミの投棄という社会問題を解決していけばよいと思いますか?」
「女性にとってファッションとは何でしょうか?」
「農業のための施設/インフラ整備について思うことはありますか?」
などなど…

かなり多岐にわたる質問がされていた模様です。

Kaamatan 374

審査員席の前で容姿や衣装などのチェックを受けながら、年齢や趣味まで紹介されるクイーン候補者たち。(会場からは 歓声なんだか 声援なんだか ヒューヒュー❤ なんだか… いろんな声が飛び交ってました)


コンテストでは、

40人の各地区クイーンの中から15人が選抜され…



さらにその中からファイナリスト5名が選ばれ…





1人が スポンサーである“DiGi(携帯会社)賞”を受賞





2人が 準々クイーン






そして残った2人の中から…




たった1人のクイーン(と準クイーン)が選ばれます!!!











今年のクイーンは・・・・・・・













Kaamatan 406


じゃーーーーーーーーん☆



写真まん中が今年の“収穫祭の女王”!

(プナンパン州出身 カダザン族 なんと18歳!!!)



※ ちなみに女王の向かって左が準クイーンです




いかがですか?^^




IMG_7266.jpg

今回の Kaamatan で選ばれたこのクイーンは、これから1年間 カレンダーの表紙になったり、伝統文化の普及・広報活動をしたりします。

(ちなみに彼女はクイーンとして活動する1年間 結婚してはいけないらしい)



日本の“ミス○○”みたいな感じでしょうか。








kako-hbE8JxiVSZHyF4WV.jpg



多民族・多宗教国家といわれるマレーシア。


その中でもサバ州には特に多くの民族が暮しています。


多くは豊かなボルネオの自然に抱かれ文化・伝統を育んできた農耕民族ですが、

熱帯雨林の森の中で生きてきた狩猟民族や

川のそばに暮らす民族、馬の扱いに長けている民族や 海で生きる民族、、


ボルネオには ここの自然がそうであるように 多種多様で深く豊かな伝統・文化が息づいてきました。




今や中進国と言われ 急速に現代化していっているこの国だけど、

少なくともサバ州の村では今もそれぞれの民族の言葉が普通に話され、みんな自分の民族に誇りを持って暮らしているように私は感じます。

そして 他の民族の文化に対しても敬意を払っていて、

今回のKaamatanのように、時にはいろいろな民族の文化を織り交ぜ みんなで喜びや楽しみを分かち合う。





“違いも含めて 共に生きている”

ここの人たちの懐の深さを改めて感じた収穫祭なのでした。



kako-l5J0Nzb2w8bV8TuB.jpg











        




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aibilamana.blog52.fc2.com/tb.php/51-f1007bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワタシスデニマレージンカ?? «  | BLOG TOP |  » Pesta Kaamatan ①

Terima kasih❤

Terima kasih
** ありがとうごさいます ** 

“便利なモノ”じゃなく
“本当に必要な大事なもの”

“人を傷つけるモノ”じゃなく
“命を守るもの”

“競争”じゃなく
“共生とバランス”

にしっかり心を込めて

ゆったり自然に
暮らしていきたいと思います*

Profile

ai107

Author:ai107
Ai Kinoshita


いつでも “Bila-bila”
どこでも “Mana-mana”

大切なものを大切に…

このBLOGでは
日々のいろんなことを
まぁ ぼちぼちと

ほんとうにだいじなもの
を見過ごさないために。


* * * * * * * * * * * * *
2010.6-2012.6
Malaysia, Sabah州Keningau
青年海外協力隊
* * * * * * * * * * * * *
2012.7-
やまぐち うべ
* * * * * * * * * * * * *

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のできごと

月別アーカイブ

テーマごと

絵本 日々の生活 ふるさと この国で暮して… 山登り ふっと心に浮かんだコト えほんCafe 保存食 とびだす症  ぽつりぽつり 私たちの国 日本の夏 ぽつりぽつり。 文化/暦 とびたす症 いただきます お知らせ ぱぎちゃんのおはなし。 Borneoの自然 Malaysia/Borneoの文化 川の環境教育(REEP) 任地クロッカー山脈公園 村でのコト 楽しい思い出♪ サバ公園局のオシゴト 言葉 MercyMalaysia 任地での生活 環境分科会活動 環境問題 

カテゴリ

未分類 (19)
life (47)
JOCV活動 (29)
ぽつりぽつり (19)
イスラム教文化 (4)
日本でのぽつりぽつり (21)
わたくしごとですが。 (8)
ふらりふらり (17)
おしらせです。 (12)
ぱぎちゃんのおはなし。 (5)
心の肥し (6)
心を込めて暮らす (20)
つながり (3)
てくてく。えほんCafe への道 (9)

Berapa orang datang...?

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集♪

おすすめの本

CrockerRangePark

任地クロッカー山脈公園の写真です

Keningau Life

マレー人もビックリ! "ケニンガウ文化" な毎日

中秋晩会

中華系マレー人の方に誘っていただいて、“中秋晩会”というお祭りに参加させてもらってきました。星暦(旧暦)の8月15日、中秋の名月を祝う中国のお祭り(日本で言う十五夜です)。

Malaysia Life 1

みんなに見送られいざMalaysiaへ!! 同期と過ごした首都クアラルンプールでのオモシロ1ヵ月♪

Kg.UluSenagang&MongolBaru

クロッカー山脈公園内CommunityUseZoneとなっている ウルセナガン・モンゴルバル村.     ムルット族の人々が暮らすこの村がうちの活動拠点です♪

Makanan di Malaysia

マレーシアの食べ物事情いろいろ♪

Movie di Maiaysia

Smile di Malaysia

検索フォーム

ブロとも申請

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。