2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mercy Malaysia②

前回につづいてMercy Malaysia(その②)

******************

【2日目】 (2011/4/20)

山脈奥地の村々をまわる医療ボランティア隊Mercy Malaysiaに同行して2日目の朝。

今日からいよいよ本格的に山脈横断。
5日間の行程で今日が一番きつい登りだそうです。
Mercyメンバーの医師や看護師さんたちはほとんどの人が荷物をポーターに預けて身軽やったけど(村でのボランティア活動がメインやからちょっとでも体力温存するため)、
うちはまがいなりにも(?)公園局スタッフ/ガイドとして参加させてもらってるの訳で自分の荷物はもちろん自分で背負っていくことに。
着替えとか最低限にしたけど寝袋やカッパ,ヘッドライトその他こまごましたものもいろいろ必要で、結局バックパックは10kg以上くらいになっちゃいます。
お水も必要な分は持って歩かないとけないし。(最低1Lはいるから、これが一番重い。)

034_20110515235306.jpg
↑写真手前は自分で荷物を背負っている同僚の公園局スタッフと先輩JOCV
 写真奥はポーターに荷物を頼んで身軽なMercyメンバー

森の中にはタイガーリーチというヒルがウヨウヨいるので足元のヒルソックスは必需品。
あと道中川を何度も渡るし、そもそも熱帯雨林の中はだいたい常にぐちょぐちょなので、履く靴は“adidas kampong”と言われる村人ご用達のゴム靴です。

DSCN5664.jpg
↑ヒルソックスとadidas kampung(“田舎adidas”って意味だけど靴裏は野球のスパイクみたいになてて粘土質でグチャグチャな熱帯雨林の斜面でもなかなか滑らない優れもの!お値段は1足200円ちょっと。これはぜひ日本へ持って帰りたい!)


Mercyメンバーの医師や看護師、その他ボランティアが合計約30人。
Mercyメンバー5~6人に公園局スタッフ2~3人がガイドとしてついてグループをつくり、本格的なSaltTrailの中へいよいよ出発です!!

DSCN5626.jpg
↑うちの横にいる同僚は経験豊富な頼もしいガイド。中尾明慶に似てると評判(笑)な彼の名前はZENO❤ボルネオ先住民ドゥスン族の彼、体は小さいけど筋肉ハンパないです。

046.jpg

うちはとにかく登りが苦手…
この日は初っ端から何時間もひたすら急斜面を登り続けて本当にきつかった。
滝のように汗流しながらどこまでも続く斜面を見ながら「自分はここで何してるんだろう…」とか考えてしまった(笑)
登りは写真撮る余裕もありませんでした…はは。

057.jpg

でも下り坂と川渡りは本当に楽しくて俄然元気♪
冷たい川の水が本当に気持ちいい。

076.jpg
↑川は見た目以上に流れが急なので、膝くらいの水位でもペアになって手をつなぎながら渡ります。

そんなこんなで本日の目的地、キオノップ村に着いた頃には足ふやふや。
まぁ一日中水タポタポのゴム靴で歩き続けるんやからしょうがないですね。

067.jpg
↑汚い映像をごめんなさい(笑)

キオノップ村(正確には村でなくコミュニティ)には数世帯しか住んでいないのでボランティア活動はしませんでした。

DSCN5646.jpg
↑「日本の忘れ物だよ」と言われたのは太平洋戦争中に日本軍が残していった不発弾。
すごく親日的なマレーシア、普段戦争中の話しを耳にすることはほとんどないけど、このボルネオ島奥地の村々でも当時の日本軍によって多くの方が拷問にあったり犠牲になったりされたそうです。
日本人として決して忘れちゃいけない歴史だと思います。

071_20110516134311.jpg

ちなみに、このキオノップ村では2階建ての村の教会兼集会所に泊まらせてもらったけど、Mercyメンバーは女性の方が多いので女性部屋があふれてしまい、うちと先輩は男くさい部屋で20人くらいのガイドやポーターたちとごろ寝。
けど普段から同僚はおっちゃんたちばっかしやし全然平気です。(笑)
むしろ楽しいし♪へへ

真っ暗な森の中の教会でおっちゃんたちの陽気な歌声とギターの音を聞きながら寝る。
素敵な夜です。



*** では、次回も引き続きMercy Malaysia【3日目】の様子を載せます ***
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aibilamana.blog52.fc2.com/tb.php/37-b93832d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Mercy Malaysia③ «  | BLOG TOP |  » Mercy Malaysia

Terima kasih❤

Terima kasih
** ありがとうごさいます ** 

“便利なモノ”じゃなく
“本当に必要な大事なもの”

“人を傷つけるモノ”じゃなく
“命を守るもの”

“競争”じゃなく
“共生とバランス”

にしっかり心を込めて

ゆったり自然に
暮らしていきたいと思います*

Profile

ai107

Author:ai107
Ai Kinoshita


いつでも “Bila-bila”
どこでも “Mana-mana”

大切なものを大切に…

このBLOGでは
日々のいろんなことを
まぁ ぼちぼちと

ほんとうにだいじなもの
を見過ごさないために。


* * * * * * * * * * * * *
2010.6-2012.6
Malaysia, Sabah州Keningau
青年海外協力隊
* * * * * * * * * * * * *
2012.7-
やまぐち うべ
* * * * * * * * * * * * *

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のできごと

月別アーカイブ

テーマごと

絵本 日々の生活 ふるさと この国で暮して… 山登り ふっと心に浮かんだコト えほんCafe 保存食 とびだす症  ぽつりぽつり 私たちの国 日本の夏 ぽつりぽつり。 文化/暦 とびたす症 いただきます お知らせ ぱぎちゃんのおはなし。 Borneoの自然 Malaysia/Borneoの文化 川の環境教育(REEP) 任地クロッカー山脈公園 村でのコト 楽しい思い出♪ サバ公園局のオシゴト 言葉 MercyMalaysia 任地での生活 環境分科会活動 環境問題 

カテゴリ

未分類 (19)
life (47)
JOCV活動 (29)
ぽつりぽつり (19)
イスラム教文化 (4)
日本でのぽつりぽつり (21)
わたくしごとですが。 (8)
ふらりふらり (17)
おしらせです。 (12)
ぱぎちゃんのおはなし。 (5)
心の肥し (6)
心を込めて暮らす (20)
つながり (3)
てくてく。えほんCafe への道 (9)

Berapa orang datang...?

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集♪

おすすめの本

CrockerRangePark

任地クロッカー山脈公園の写真です

Keningau Life

マレー人もビックリ! "ケニンガウ文化" な毎日

中秋晩会

中華系マレー人の方に誘っていただいて、“中秋晩会”というお祭りに参加させてもらってきました。星暦(旧暦)の8月15日、中秋の名月を祝う中国のお祭り(日本で言う十五夜です)。

Malaysia Life 1

みんなに見送られいざMalaysiaへ!! 同期と過ごした首都クアラルンプールでのオモシロ1ヵ月♪

Kg.UluSenagang&MongolBaru

クロッカー山脈公園内CommunityUseZoneとなっている ウルセナガン・モンゴルバル村.     ムルット族の人々が暮らすこの村がうちの活動拠点です♪

Makanan di Malaysia

マレーシアの食べ物事情いろいろ♪

Movie di Maiaysia

Smile di Malaysia

検索フォーム

ブロとも申請

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。