2013-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百姓庵さん “冬の暮らし市”

またまた1週間以上も前のデキゴトをご報告。笑


1/20(日)は、長門市油谷向津具の百姓庵さんでひらかれた

“冬の暮らし市”

へ参加させていただいてきました♪


最近とーってもお世話になってる百姓庵さんは

いつも 明るくて、あったかくて、パワフルで、楽しそうで

本当に素敵なところです。

DSC_0131.jpg


“暮らし市”は、


『オーガニック・手作りにこだわった商品を集め、
「作り手」を支え増やしていくことを目的とした、
季節ごとに百姓庵で開かれている市』

で、

『少しでもこの地域から《いのちが喜ぶ》商品が増え、
それと共に、人と人・人と自然がつながっていくことを願って、
生産・販売活動を続けていきたいと思っています。』

という百姓庵さんの熱い想いの込もった、とってもあったかい催しです。


私は初めて参加させていただきましたが、

年4回(春夏秋冬)ひらかれているそう♪

kako-rNefaGQKssB48Orq.jpg

今回は、“冬の暮らし市”ということで、
みんなで ぺったん ぺったん お餅つき

kako-DQ5nGJ3xsfnjeSA2.jpg

黒米いりのお餅もすっごく美味しかった!


大根おろし、ハチミツ醤油、海苔、百姓庵さんの美味しいお塩、きなこに黒蜜…

とーーーっても美味しくて、

フェアトレードのチョコ巻いて・・・
お雑煮やおぜんざいも入れたら6個以上のつきたてお餅をペロリっとたいらげちゃいました(笑)


お餅つきの後は、いよいよ「暮らし市」

kako-yX3GJMwBVznnte5q.jpg

せっせと看板を書く梅ちゃん♪

kako-eMcirkylGcbkYvjs.jpg

物々交換では、

マレーシア布や古着物で作ったブックカバー

と 交換 で

美味しい手作り味噌、シークワーサーなどなどをいただきホクホクっっ


我が家の台所がまたあったか潤いました♪



 
いろんな人の手や自然の恵みで丁寧に生み出されたものが

心を込めたままに交換される「物々交換市」。


とっても素敵な一日でした。


次回 “春の暮らし市” はアースデーに併せて行われるそうです



詳しくは百姓庵さんの素敵なHPへ ~ 【百姓庵】 【百姓庵かみさんのブログ】
  





  
スポンサーサイト

お知らせ * 朗読劇『海の底のアボジ』

私の住んでいる山口県宇部市は
炭鉱のまちとして発展してきたところです。

うちのお祖父ちゃんも、若いころ炭鉱で働いていました。


だから小さい頃から折につけてうちは炭鉱の話しを聞いています。

tankou.jpg
  

私の実家から車で10分ほど、
宇部市西岐波の沖合には
かつて「長生炭鉱」という海底炭鉱がありました。

この炭鉱は1914年(今から100年近くも前ですね)に開坑されましたが、
1942年(昭和17年)に坑内で落盤、水没事故により閉坑しました。

命懸けと言われる炭鉱の中でも海底炭鉱は特に危険度が高く、落盤事故や浸水事故は後を絶たなかったそうです。

閉坑原因となった1942年の落盤・水没事故では、確認されているだけでも183名の方が犠牲となられました。

そして、あまり知られていないのは
この犠牲者のうち133~135人が朝鮮から強制連行で連れてこられた人たちだったということ、

さらに水没事故後、長生炭鉱は犠牲者を海底から引き揚げないままに廃坑となり、
183名の犠牲者は未だに遺骨の一片すら引き揚げられず海の底の坑道に閉じ込められたままだという事実です。

西岐波(床波漁港近く)の沖合には、今も2本の“ピーヤ”(当時の排気口)が佇んでいて、

私は毎日それを見る度に、冷たい海の底で眠る犠牲者の方の悲しみを思います。

毎年、事故のあった2月3日には現地で慰霊祭が行われていますが、
遺骨の掘り起こしは未だ実現されていません。


tyouseitankou.jpg



「長生炭鉱の”水非常”を歴史に刻む会」では、
毎年事故のあった2月3日に近い土日に韓国から遺族を招いて追悼式を行っていらっしゃいますが、
今年ついに長年待ち望まれていた追悼碑が建立されることとなりました。

これに伴い下記のように記念行事もとりおこなわれます。

***********************************************************
追悼碑完成記念
長生炭鉱水没事故71周年
犠牲者追悼集会

2013年2月2日(土)

【追悼碑建立除幕式と韓国遺族による追悼式】
11:00~12:00
ところ:床波漁協前 追悼碑建立地

【追悼集会】
14:00~16:30
ところ:宇部市シルバーふれあいセンター ふれあいホール
◆遺族による証言
◆朗読劇『アボジは海の底』上演など

***********************************************************
主催:長生炭鉱の”水非常”を歴史に刻む会
事務局:〒755-0031 宇部市常磐町1-1-9 宇部緑橋教会内
電話: 0836-21-8003
http://www.chouseitankou.com/
***********************************************************

じつは、うちのお祖母ちゃんが上記の朗読劇『アボジは海の底』に出演します。

自分の町でかつて何があったのか、
今も残る悲しみはどうしてか、
知ることはとても大切だとうちは思います。

お時間のある方、ぜひ足を運ばれてみてください。








    

「ぼく / わたしの仕事は地域のみんなをつなぐこと!」




今日は

ななちゃんと "ぷれジョブ"

のお話しです♪


私は昨年9月から、土曜日のお昼に1時間
中学3年生の "ななちゃん" と一緒に "ぷれジョブ" へ行っています。


prejob.jpg

"ぷれジョブ" とは、

障がいのある子どもたちが 自分の暮らす地域で 継続的にお仕事体験をし、

それを通じて 地域に住む人たちが 互いにつながり、

多様さを豊かさとして感じていけるようになること を目指す取り組みです。


現在、全国の20都府県でこの "ぷれジョブ" 活動がおこなわれており、
山口県内には

*宇部ぷれジョブの会
*山口・防府ぷれジョブの会
*ぷれジョブ周南

と、なんと3つも地域団体があります。

もっと詳しく知りたい方はこちら → 【全国ぷれジョブ連絡協議会】


nanachan.jpeg



ぷれジョブには 『ぷれジョブ7箇条』 ってのがあり、


------------------------------------------------------------------------------

【第1条】
ぷれジョブは、特別な支援の必要な子が地域で就労体験をすることを通じて、
障害の有無にかかわらず、共に助け合うことのできる地域社会を創る活動です。

【第2条】
ぷれジョブは、無償のボランティアによる活動です。

【第3条】
ぷれジョブは、小学校5年生程度から高校3年生程度までの障害のある子が
地域に居住するジョブサポーターに支えられながら就労体験をする活動です。

【第4条】
ぷれジョブは、ぷれジョブ活動に賛同する企業において、
原則として、1週間に1度、毎回1時間程度、ほぼ6か月の期間にわたり、
障害のある子が就労体験をする活動です。

【第5条】
ぷれジョブの活動を行う場合には、損害賠償責任保険に加入します。

【第6条】
ぷれジョブ活動を行った場合、毎月1回程度の割合で定例会を開き、
障害を持った子、保護者、学校の担当者、サポーター、企業の関係者らが集まって、活動報告を行う。

【第7条】
ぷれジョブの活動行うに当たっては、障害のある子のプライバシーに十分に配慮する。

------------------------------------------------------------------------------


私はななちゃんのサポーターとして、参加させてもらっています。


ななちゃんは9月から毎週土曜日のお昼12時~1時まで

宇部市東岐波のラーメン屋さん「一久」でぷれジョブし

今月でちょうど半年です☆


お皿洗いや、コップ・レンゲの整理整頓、

大っきな声で「いらっしゃいませ~」「ありがとうございました~!」

ななちゃんの元気が店内に溢れます。


「今までこんなこと知らなくて、本当に初めてなんです!」

と言われる店長さんが快諾してくださったことで実現したラーメン屋さんでのぷれジョブ。

回を重ねるごとに店長さん・店員さんとななちゃんの距離も近づいて、

本当にいい雰囲気です♪


原則、半年くらいで次の職場へ移るので 土曜日お時間があればぜひ一度「一久」へ来てみてください!!

nanachan2.jpeg

ななちゃんの笑顔は、店長さんや店員のお姉さんたちからも大人気♪

お客さんからも

「がんばっちょるねぇ!」

「笑顔がええね!がんばりね!!」

と、いつもたくさん声をかけていただきます♪


こうやって地域の人がどんどんつながっていけたら‥ とっても素敵なことですね




もう一度、推しちゃいます!!(笑)


毎週土曜日 12:00~13:00

「一久」東岐波店へ ぜひ!!!



リンク:【一久 東岐波店】


  

野菜をしっかり使い切る ~コンポストづくり①~

なるべく野菜くずが出ないようにと思うのは

① 太陽と土と水の恵みで育ったお野菜をなるべく食べきっちゃいたいから

② 単純にもったいないので人参の葉っぱでも何でも食べたいから

③ 美味しいから

④ 無農薬のお野菜をいっぱいいただいて安心して食べられるから

で、

最近はもっぱら大根の葉っぱや人参の葉っぱが大活躍の食卓ですが

2013-01-29-01-53-53_deco.jpg


そうは言っても
葉の根元とか、
ちょっと古くなってる部分とか、
野菜くずはちょいちょい出てしまいます。

日々の台所から出る野菜くずなどを
ただただ捨てるのはもったいないし、
庭の隅にただ撒いちゃうと夏場はきっと虫の温床になってしまう…

なんとかできないかと考えて思い出しました♪

協力隊の時マレーシアの環境分科会でやっていた

高倉式コンポスト


身近な食品の発酵菌(納豆とかヨーグルトとか)を腐葉土やらぬかやら混ぜた床で育ててつくるコンポストです

マレーシアにいた時、先輩が台所の隅でせっせと育てられてて、
臭くないし、作り方も簡単なので
「日本に帰ったら家でやろう!」
って思ってたのにすっかり忘れてました


hakkoueki.jpg

昨日は、ひとまず

・お水
・砂糖
・納豆
・ヨーグルト

をペットボトルの中で混ぜて発酵液づくり♪

これを3~5日間ほど密閉状態で放置しておくとよいそうです

簡単♪



冬なので気温が低く時間がかかるかもしれませんが、とりあえず今週末くらいまで待ってみます

で、発酵液ができたら、

今度は発酵液と糠などを混ぜて床づくりです


楽しみ~







   

  

弟の成人式



我が家は4人姉兄妹弟


うちが27歳、上の弟が24歳、妹が22歳で、
末っ子の弟も昨年の夏に20歳になりました


末の弟とうちは7歳も年が離れているので、


「おぎゃァ」と弟が生まれてきて、
クリクリかわいいのが家中歩き回るようになり、
幼稚園に入園し、
泥まみれで田んぼや海を駆けずり回り、
小学校に入学して、
ますますやんちゃさに磨きがかかり、
いつもどっかに傷をつけて真っ黒に日焼けし、
そりゃぁまぁ我が弟ながらたくましく、
微笑ましく晩ごはん作って一緒に食べたり、
毎年増えていく誕生日ケーキのローソクとプレゼント支出、
でも中学生になってからちょびっと思春期を迎えておとなしくなり、
家の家事もだんだん「手伝わん!」と言い出してムカっとしたりケンカしたり、
初めはうちの方が叱ってばっかやったのに、
だんだん背も伸びた弟に力では勝てんくなってきて…うちは口で抵抗することを決意、
でも高校生になった弟は声も低くなり力も増して、
腕を掴まれたら痛いのなんのって…、
そして毎朝洗面台の前でうち以上に時間をかけて洒落けづく身長170cm超の背中、

マレーシアに送られてきた高校の卒業式で両親に挟まれて笑う弟の姿に、
なんだかとっても目頭が熱くなったもんです。


そして今年の5月末から弟は俳優を目指して大都市Tokyoへ


何度か東京の一人暮らしをしているアパートへ遊びに行ったりもしましたが、
なんとかりっぱに夢への道を拓こうとがんばっているようです



先週日曜日はそんな弟の成人式


DSC_0011.jpg


いやぁ、本当にりっぱな青年になっちゃって。。



これからも、誇りだという「夢」(むう)という名前を胸に

優しく、ハッピーにがんばりぃねー☁

DSC_0018.jpg














     

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Terima kasih❤

Terima kasih
** ありがとうごさいます ** 

“便利なモノ”じゃなく
“本当に必要な大事なもの”

“人を傷つけるモノ”じゃなく
“命を守るもの”

“競争”じゃなく
“共生とバランス”

にしっかり心を込めて

ゆったり自然に
暮らしていきたいと思います*

Profile

ai107

Author:ai107
Ai Kinoshita


いつでも “Bila-bila”
どこでも “Mana-mana”

大切なものを大切に…

このBLOGでは
日々のいろんなことを
まぁ ぼちぼちと

ほんとうにだいじなもの
を見過ごさないために。


* * * * * * * * * * * * *
2010.6-2012.6
Malaysia, Sabah州Keningau
青年海外協力隊
* * * * * * * * * * * * *
2012.7-
やまぐち うべ
* * * * * * * * * * * * *

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のできごと

月別アーカイブ

テーマごと

絵本 日々の生活 ふるさと この国で暮して… 山登り ふっと心に浮かんだコト えほんCafe 保存食 とびだす症  ぽつりぽつり 私たちの国 日本の夏 ぽつりぽつり。 文化/暦 とびたす症 いただきます お知らせ ぱぎちゃんのおはなし。 Borneoの自然 Malaysia/Borneoの文化 川の環境教育(REEP) 任地クロッカー山脈公園 村でのコト 楽しい思い出♪ サバ公園局のオシゴト 言葉 MercyMalaysia 任地での生活 環境分科会活動 環境問題 

カテゴリ

未分類 (19)
life (47)
JOCV活動 (29)
ぽつりぽつり (19)
イスラム教文化 (4)
日本でのぽつりぽつり (21)
わたくしごとですが。 (8)
ふらりふらり (17)
おしらせです。 (12)
ぱぎちゃんのおはなし。 (5)
心の肥し (6)
心を込めて暮らす (20)
つながり (3)
てくてく。えほんCafe への道 (9)

Berapa orang datang...?

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集♪

おすすめの本

CrockerRangePark

任地クロッカー山脈公園の写真です

Keningau Life

マレー人もビックリ! "ケニンガウ文化" な毎日

中秋晩会

中華系マレー人の方に誘っていただいて、“中秋晩会”というお祭りに参加させてもらってきました。星暦(旧暦)の8月15日、中秋の名月を祝う中国のお祭り(日本で言う十五夜です)。

Malaysia Life 1

みんなに見送られいざMalaysiaへ!! 同期と過ごした首都クアラルンプールでのオモシロ1ヵ月♪

Kg.UluSenagang&MongolBaru

クロッカー山脈公園内CommunityUseZoneとなっている ウルセナガン・モンゴルバル村.     ムルット族の人々が暮らすこの村がうちの活動拠点です♪

Makanan di Malaysia

マレーシアの食べ物事情いろいろ♪

Movie di Maiaysia

Smile di Malaysia

検索フォーム

ブロとも申請

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。