2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と平和と自由

このところ毎晩のように
人が殺し殺される夢、
血が流れる夢をみます


私は、自分の祖国が平和で自由な国だと誇りをもって生きたい

世界中どこの国でも、どこの人でも、殺し殺される世の中は嫌です

誰にでも愛する家族があって、
朝日に起きて、ごはんを食べて、笑って、泣いて、怒って、また明日を想って眠りにつく、
そんな日々の暮らしがあって、

それが奪われることの悲しみは想像するだに耐えません


「経済」「歴史認識」「政治」「時代の流れ」…

どんな言葉を並べても、誰かの命を奪うことが正当化されるなんてありえない

自分の大切な人の命がそんな言葉の代償に奪われていい人がいますか?


「もっと学ばんといけん」
たしかにその通りやと思います

でもその一方で、
「難しい」「よく分からんから」「あんまり知らん人は意見すべじゃない」…
そういう風潮そのものがこういう事態をつくってきたんやと思う


『子どもにわかる言葉で、子どもが納得できるように説明できんことは真実じゃない』

真実はいつも、どこまでも深くて、どこまでもシンプルだと思います


今日という日、
時の権力の暴走を国民が止めるための憲法が、
私たちひとりひとりのための憲法が、
平和と自由の国をつくるんだと誓った憲法が
閣議決定で葬られた

こんなことが現実になっていくなんて信じられない
こんなに悲しいことはない


小さい頃から何度も何度もよんだ憲法は、
何度よんでも何歳になってよんでも
魂にひびく




日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法はかかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。


 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

(1946年11月3日公布)




「時代遅れ」なんて言葉はありえない、
だって“時代” は私たちがつくっていくもの

「現実的じゃない」なんて言葉はありえない、
だって憲法はこの国の在るべき姿を、私たちの目指す理想を誓ったもの


私にできることを探して、
私にできることをしよう。








  
  








スポンサーサイト

日本国憲法

日本国憲法
(昭和二十一年十一月三日憲法)


日本国民は、
正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
われらとわれらの子孫のために、
諸国民との協和による成果と、
わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、
政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、
ここに主権が国民に存することを宣言し、
この憲法を確定する。

そもそも国政は、
国民の厳粛な信託によるものであつて、
その権威は国民に由来し、
その権力は国民の代表者がこれを行使し、
その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、
この憲法は、かかる原理に基くものである。

われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、
恒久の平和を念願し、
人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、
平和を維持し、
専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、
名誉ある地位を占めたいと思ふ。

われらは、
全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、
平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、
いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、
政治道徳の法則は、普遍的なものであり、
この法則に従ふことは、
自国の主権を維持し、
他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、
全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。






日本国憲法の前文です。


私たちの国、この日本には今なおたくさんの社会問題が山積しています。

国 とはなにか、
幸せ とはなにか、
平和 とは、自由 とはなにか、

この国の理想と、真実と現実の差異に心の底から悲しくなることもたくさんあります。


でも、それでも、
日本国憲法に私たち日本人が誓ってきた平和と自由を
絶対に手放してはいけないと私は思います。










     







   

スポーツ大会の練習が始まって…

うちの配属先はサバ公園局が管理するサバ州内7つの州立公園のひとつクロッカー山脈公園。
サバ公園局は他に、世界遺産で東南アジアの最高峰キナバル山を有するキナバル公園や、日本人観光客にも人気のダイビングスポットがあるシパダン島などの海洋公園もあり、管理する土地も広大ならそこで働くスタッフ数も多い、とても大きな組織です。

そしてこのサバ公園局では、2年に一度だけ開催され、スタッフたちもみんなそりゃぁ楽しみに待っているものがあるのですが…

DSC02195.jpg

それは、各公園対抗で行われる大スポーツ大会☆
サバ公園局あげての一大イベントです。
この大会はだいたい4泊5日間くらいで行われ、マレーシア伝統のスポーツ“SepakTakraw(セパ・タクロウ)”からバドミントン、バレーボール、フットサル、ランニング…果ては(わざわざ大きな町まで移動しての)ボーリングまで、ありとあらゆるスポーツで各公園が一丸となって闘うのだそうです。

前回のスポーツ大会は2010年4月。
ちょうどうちが赴任する前でしたが、今まで先輩協力隊員や同僚から話しを聞いたりウワサは常々うかがってました。

今年2012年はそのスポーツ大会の開催年なのですが、おそらくうちの帰国(6月)には間に合わないだろうってウワサがずーっとあり、安心しきって高みの見物を決め込んで話しを聞いていたうち。



…ところが。
先月、いきなり「今年のスポーツ大会は6月8日ごろに開催されるらしい!」って話しが一気に広まり始め、、、先週ついに今年のスポーツ大会が6月4~8日の日程で開催されることが正式に決まってしまったのです。

さぁ大変!こうなるとみんなの気持ちは一気にスポーツ大会へ猪突猛進!!
仕事よりなによりスポーツ大会の練習が最優先となりました。。

うちの職場の仕事時間は基本的に朝8時~夕方5時までなのですが、スポーツ大会の開催が決定したその日から…

仕事中はお揃いのユニフォームの発注や理事のおエライ方へのスポンサー依頼で大忙し、

午後3時には仕事を切り上げいざ練習れんしゅう♪

もちろん全部、ボス(パークマネージャー)公認です。

みんなの気合いの入りようったらありません。

「○○公園は人数も多いし強いから、絶対負けたくないわね!」
「そうそう2年前の大会では********(怒)」

鬼気迫るものがあります。
とても「親善スポーツ大会」って感じじゃありません。。

運動音痴のうちは足手まといになること目に見えてるし…こわいこわい
実はず~っと前からうちの任期中にスポーツ大会が開催されない事を祈っていたのに。。。



でも☆
ふふふ。
残念ながら、うちは今回のスポーツ大会に参加できないのです❤

ちょうどスポーツ大会が開催される時期に家族が遊びに来てくれるから^^
あぁ、残念だザンネンだ♪


でもでも、そんなうちは甘かった。。
マレーシアのコンデンスミルク入りネスカフェくらい甘かった。。
たとえ大会当日に出られなくとも、練習には半強制的に参加させられるようです。。
ウデに青アザつくりながらバレーボールの練習しなきゃいけない。しかもみんな男女関係なく超スパルタ。。 ダイエットだと思ってがんばるしかないですが。





さて、そんな中、みんながバドミントンや卓球の練習に行く日だけは町の競技場へ下りる車の定員の関係上、参加予定スタッフしか練習に行けないため…

参加しないスタッフやうちは午後3時くらいから仕事もせずただただの~んびりできる日。
ボス公認で午後の仕事がたった1時間なんて。なんておおらかな国でしょう。

この前は、時間もあるしジョギングにでも行こうかな~と外に出たとたん、つかまりました。まだ日が高いうちからビールで乾杯してる人たちに。(笑)

IMG_6063.jpg

そして結局ジョギングはやめてジョインしてしまったうち。。

IMG_6068.jpg

まぁ、こうやって飲みながら職場のみんなといろんな話して、一緒に笑って泣いて怒って…
こういうのも時には大事でしょう♪









     
   

Alessちゃんの結婚式

またもや長らくBLOG更新してませんでした。。
そして(まとまらないままの)書きたいことだけが山ほどたまっています。

しょうがないので、また今日から時間を遡ってここ1ヵ月間くらいであったことを更新していきます。




IMGP6554.jpg


昨日はいつも一緒にがんばっているJICAプロジェクトBBECⅡのローカルスタッフ、かわいくたくましい我らがAlessちゃんの結婚式でした。

IMGP6547.jpg

IMG_6096.jpg

本人が口に出すことはないのですが実はAlessのお父さんは地元のちょっとした有名人。結婚式では会場は州の収穫祭(Pesta Kaamatan)も行われるKDCA(カダザン・ドゥスン族協会)というところの大きなホールを貸し切り、1000人以上の招待客が詰めかけました。
もちろん生バンドの爆音演奏つき。

マレーシアでは、たくさんの人に来てもらえるほど新郎新婦の未来によりたくさんの幸せがやってくると言われます。Alessも招待状を配る時、「ぜひ友だちや家族も誘ってきてね!」と言っていました。

うちはAlessの同僚である市川さん(BBECのJICA専門家の方)と一緒にAlessたっての希望である浴衣を来て会場へ乗り込みました。
日本でも花火大会の時くらいしか浴衣着ないのに、まさかマレーシアで浴衣を来て外を歩く日が来ようとは。なんだかすごく変な気分です。。

Sabah柄のイカスBatikおじちゃん

でも会場にはSabah州の州旗と見紛うほど鮮やかなSabah色で溢れたBatik(手染めの布)シャツを着たおじさんもいたし、金ピカのパーティドレスを着たセクシーなお姉さんたちもいて、意外と浴衣着てても平気でした。

会場に入った列席者は、用意されたケイタリングの食事をセルフサービスでいただき、ジュースやらビールやらを飲みつつパーティーが始まるのを待ちます。

そしてついに…招待状に書かれてた時間より1時間くらい遅れて、いよいよ新郎新婦の入場!
結婚パーティーのはじまりです。

ここぞとばかりにビール飲む小ちゃいおじちゃん
もうすでにビール飲むことが主目的になってきたおじちゃんたち。(笑)
スピーチとか聞いてる人の方が少ないのかもしれません。
でもこういう自由でゆる~い感じがOKなあたり、うちは大好き❤

IMGP6638.jpg
新郎新婦のチークダンスタイム。
ホール中のみんなに注目されながら踊ります。

IMGP6682.jpg

Sumazau.jpg
次はゴングというカダザン・ドゥスン族の伝統的なドラ演奏に合わせて、伝統的(かつ宴会では必ず踊られるポピュラーな)踊り、“Sumazau(スマザウ)”をみんなで踊り続ける。(この頃にはだいぶできあがってる人なんかもいて、みんな結構テンション高いです。)

IMGP6690.jpg
まだまだ踊るおどるオドル…♪

IMGP6671.jpg
うちやBBECのみなさんも引っぱりだされました。(笑)

IMGP6680.jpg
果たしてSumazauになってるかは微妙ですが…(笑)
でも楽しいのがイチバン♪

IMG_6135.jpg

たくさんの人に祝福されて幸せいっぱいのAless。
これだけたくさんの人がお祝いに駆けつけてくれるのも彼女の人望あってこそです。

本当におめでとう!!
末永くお幸せに&そしてこれからもよろしくね❤


Alessの結婚式で幸せをおすそわけしてもらい、幸せいっぱい(でもチョットうちも早く結婚したい…とか思った)3月最後の週末でした。




      


龍年好!CONG XI FA CHAI ★ 恭賀新禧

IMG_3335-2.jpg

新春快乐
全家平安
心想事成
岁岁平安

2012年2月23日は中国暦(旧暦)のお正月。いわゆるChineseNewYear(ちなみに日本語だと中国正月もしくは旧正月,マレー語だとTahunBaruCinaと言います)で、中華系マレーシア人のお宅にもやっと新しい一年の到来です。中国正月は春節ともいわれ、中国本土ではおそらく冬から春へ季節が移っていく節目でもあるのだと思いますが、四季のないここでそれをあまり感じることはできません。でも、だからこそ逆にこの春節が親族意識の強い中華系の方々にとって一年に一度ここマレーシアからもっとも強く遠い祖先の故郷である中国本土の季節に思いを馳せる大切な時なのかもしれませんね。

IMG_3328.jpg

私の住んでる近くの町にも中華系マレーシア人の方は多く、町のお店にはもうだいぶ前から中国正月のための飾りや親類・知人・隣人へ贈るミカンが溢れて中華系の方々が住む家々は赤い提灯で彩られています。(ちなみにミカンは他民族・他宗教でも大盤振る舞いにいただけるので職場の皆も大喜び♪私もこの時期は家に食べきれないほどミカンが溢れて幸せいっぱいです。このミカンには互いに福がよく回るようにとの願いが込められているのだとか。)

IMG_3149_20120126112403.jpg

さて、ご存じのとおり中華系の方々のルーツである中国は広大で言語も北京語・広東語など土地や文化圏によって多様です。なので中華系マレーシア人と一言で言っても祖先の故郷によって話されている言葉や文化・伝統,宗教など多様なのだそう。ちなみに昨年の中国正月、うちは同僚(こちらではCinoと呼ばれる先住民族ドゥスン族の血と中華系の血が入った仏教徒のお友達)のお宅にお邪魔させてもらったり仏教寺院に連れて行ってもらったりしたのですが、今年は日頃から大変よくしていただいている福建省にルーツを持つ道教徒のお友達、Leeさんちについて行かせてもらってきました。

IMG_3155.jpg

中国正月前日の1月22日、新年を前に家族・親類で集まり食卓を囲みます。豚肉三昧の豪華な料理と福建語の楽しそうな家族の会話。福建語は分かりませんが家族が顔を揃え大勢で和気あいあいと話し笑っている様子には幸せが溢れていて、うちもあたたかい日本の大晦日/お正月を思い出しました。子どもたちもいつもより少し遅くまで起きていて、家の前で花火をしたり爆竹を鳴らしたりとても楽しそう♪(Leeさんちの子どもたちがうちのことも混ぜてくれました。ひさしぶりの花火、楽しい!へへ。)

IMG_3172.jpg

ちなみに今年も皆さんからたくさんの“紅包(アンパオ) ” と呼ばれるお年玉をいただきました。このアンパオは年長者から年下の人へ、既婚者から独身者へ贈られるのでまだ独身のうちもありがたくいただいちゃいます❤ いただく金額よりも、数多くアンパオをもらうこと/配ることで福がよく回ると考えられているそうです。

IMG_3230.jpg

1月23日23時頃になると街の至る所で爆竹が鳴り響き、打ち上げ花火が上がりはじめます。友人曰く、なんでも中華系の文化では23時~24時までの1時間はひとつのくくり(?)で、1月23日の23時になるともう年を越しているということになるのだそうです。(私は深夜0時に心の照準を合わせていたのでだいぶ気が抜けてしまいました…笑。)

IMG_3218.jpg

Leeさん夫妻は道教の神様が祀ってある祠(?)に特別のお供え物をし、この一年に財や福がたくさんやってくるように色紙でできたお金や服、宝船を火にくべて道教のお祈りをします。

IMG_3238.jpg

IMG_3253.jpg
(↑色紙でできたお金のようなものが燃えているの見えますか?)



さて、1月24日はLeeさんちのオープンハウス。
町のフードコートを経営したり他にも一族皆が手広くビジネスに成功されているLeeさんのオープンハウスはまさに豪華絢爛で、町一番のホテルから頼んだ50人分のお料理や果物、その場で焼いてくれる1000本の炭火焼き鳥、数箱分のビール・ジュース、そしていくつもの大きな円卓がLeeさんちのガレージに所狭しと並びます。

IMG_3338.jpg

獅子舞も小さな子どもたちの獅子舞集団がやってきて大人顔負けのドラ演奏と舞を披露しにきた後さらに熟練の青年団がやってる獅子舞もやってきて、どうだ!と言わんばかりに迫力のドラ演奏と舞、演武を披露してくれました。

IMG_3295.jpg
↑子ども獅子舞チームと青年獅子舞チームが向かい合って挨拶代りに舞を踊っているところ。
手前でこちらに背を向けているのが少し丈の低い子ども獅子舞チームで、奥のこちらに顔が向いている方が青年獅子舞チームです。

IMG_3355.jpg

IMG_3363.jpg

断続的に降る雨の切れ間に足場を拭き拭き披露してくれた青年獅子舞チームの演武、支柱の上での見事なアクロバットはまさに圧巻でした!

IMG_3364.jpg

中国正月はこの日から15日間続きます。
中華系の方々は親族や友人とすごしたり先祖のお墓や寺院などにお参りをしたり、まだまだドラ隊と獅子舞が街をねり歩いたり…と、もうしばらく朱や紅の飾りで彩られた華やかな日々が続きそうです。





   
   

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Terima kasih❤

Terima kasih
** ありがとうごさいます ** 

“便利なモノ”じゃなく
“本当に必要な大事なもの”

“人を傷つけるモノ”じゃなく
“命を守るもの”

“競争”じゃなく
“共生とバランス”

にしっかり心を込めて

ゆったり自然に
暮らしていきたいと思います*

Profile

ai107

Author:ai107
Ai Kinoshita


いつでも “Bila-bila”
どこでも “Mana-mana”

大切なものを大切に…

このBLOGでは
日々のいろんなことを
まぁ ぼちぼちと

ほんとうにだいじなもの
を見過ごさないために。


* * * * * * * * * * * * *
2010.6-2012.6
Malaysia, Sabah州Keningau
青年海外協力隊
* * * * * * * * * * * * *
2012.7-
やまぐち うべ
* * * * * * * * * * * * *

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のできごと

月別アーカイブ

テーマごと

絵本 日々の生活 ふるさと この国で暮して… 山登り ふっと心に浮かんだコト えほんCafe 保存食 とびだす症  ぽつりぽつり 私たちの国 日本の夏 ぽつりぽつり。 文化/暦 とびたす症 いただきます お知らせ ぱぎちゃんのおはなし。 Borneoの自然 Malaysia/Borneoの文化 川の環境教育(REEP) 任地クロッカー山脈公園 村でのコト 楽しい思い出♪ サバ公園局のオシゴト 言葉 MercyMalaysia 任地での生活 環境分科会活動 環境問題 

カテゴリ

未分類 (19)
life (47)
JOCV活動 (29)
ぽつりぽつり (19)
イスラム教文化 (4)
日本でのぽつりぽつり (21)
わたくしごとですが。 (8)
ふらりふらり (17)
おしらせです。 (12)
ぱぎちゃんのおはなし。 (5)
心の肥し (6)
心を込めて暮らす (20)
つながり (3)
てくてく。えほんCafe への道 (9)

Berapa orang datang...?

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集♪

おすすめの本

CrockerRangePark

任地クロッカー山脈公園の写真です

Keningau Life

マレー人もビックリ! "ケニンガウ文化" な毎日

中秋晩会

中華系マレー人の方に誘っていただいて、“中秋晩会”というお祭りに参加させてもらってきました。星暦(旧暦)の8月15日、中秋の名月を祝う中国のお祭り(日本で言う十五夜です)。

Malaysia Life 1

みんなに見送られいざMalaysiaへ!! 同期と過ごした首都クアラルンプールでのオモシロ1ヵ月♪

Kg.UluSenagang&MongolBaru

クロッカー山脈公園内CommunityUseZoneとなっている ウルセナガン・モンゴルバル村.     ムルット族の人々が暮らすこの村がうちの活動拠点です♪

Makanan di Malaysia

マレーシアの食べ物事情いろいろ♪

Movie di Maiaysia

Smile di Malaysia

検索フォーム

ブロとも申請

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。