2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REEP in SK.Ulu Senagang - ウルセナガン小学校でのREEPアクティビティ -

2011年9月22日

ウルセナガン小学校というところで REEP のアクティビティを実施しました。

この小学校があるウルセナガン村はクロッカー山脈公園の中にあるムルット族の村で、
サバ公園局と住民が共同自然資源管理をおこなっていこうという取り組みがなされているところです。

私も REEP が本格的に動き始める前は、この村でいろいろ活動していました。


さらに、このウルセナガン小学校は、
去年11月に私たちが初めて “水の水質調査を通じた川の環境教育活動” を行い、
「REEP の芽」 が最初に芽吹いたところでもあり、
私たちにとってとりわけ思い入れが強いのはもちろん、
校長先生も環境教育プログラムに関心が高く、
「“川の環境教育プログラム”をぜひ今年もやってほしい」
と言ってきて下さるくらいアクティブな学校です。

555.jpg

今回のアクティビティの対象は小学校5年生と6年生の合せて25人。

昨年度は6年生のみを対象に行なったのですが、
この REEP をきっかけにして、学校で何か川や環境を守っていくためのアクションを起こそうとしていく場合、
6年生は今年末で卒業してしまうため直接的な学校でのアクションには繋げづらいという事で、今年は5年生と6年生を混ぜて25人の生徒が選ばれました。

606.jpg

アクティビティ ①
クロッカー山脈公園の水源地としての重要性についてブリーフィング

私たちの川の水はどこからやってくるのか?
もし豊かな森がなかったら、どんなことが起こるのか…?

この自然は、祖先から受け継いで 次の世代につないでいくもの、
私たちはあくまでもそれを “借りて” 恩恵を受けさせてもらってるんだ


ってことを、子どもたちと一緒に考えます。


059.jpg

アクティビティ ②
みんなで川へ移動して、五感を使った “川の状態 フィジカルチェック”

川の流れはどうだろう?どのくらい速いかな?
水に臭いはある?
川の水は濁ってる?
川の周りの土地利用はどんなふうかな?工場がある?農地がある?
周辺から排水溝とか流れ込んでるかな?
川のまわりにどのくらいゴミが落ちてる?

質問表に従って子どもたちで川の健康状態を点数付けしていきます。


067_20110926022734.jpg

アクティビティ ③
水質調査の簡易化学キットを使い、 “川の水質 ケミカルチェック”

小学5・6年生にはちょっと難しかったかな…。

でも、

試験官に川の水をとって
薬を入れて
振って…

水の色がだんだん変わってくる!

実験ってやっぱり ドキドキわくわく 楽しいですよね ^^

ようは子どもたちに

“目に見えなくても 水の中には いろんな物質が含まれてるんだ!”

ってことに気付いてもらえればいいのです♫


643.jpg

アクティビティ ④
そして、ブリーフィングの時から子どもたちが一番目をキラキラ輝かせて楽しみにしていたのが、
川の水生生物をつかまえてその種類から川の水質をランク付けする
この “バイオロジカル チェック”

089_20110926232408.jpg

先のケミカルチェックでは、川の今の状態 を切りとることができるのに対し、

この水生生物指標を元にしたバイオロジカル・チェックでは、
川に生息する生き物の種類から 川の長期的な水質 の状態を見ていきことができます。

072.jpg

小学5・6年生の子どもたち
普段から水浴びも川でしている村の子たちですが、
やっぱり実際に水の中へ入ってのアクティビティは本当に楽しそう♫

075.jpg

アクティビティの終わりには、
学校の先生から 「ぜひまた来年も、次は自分の番だと思って楽しみにしている5年生・6年生たちのためにアクティビティやってくださいね!」 って言っていただきました。


今回はいろいろな事情で時間をかなり短縮したプログラムだったのですが、
こんなふうに先生たちに言ってもらえて、
子どもたちがすっごく楽しそうにアクティビティしてる、
そんな姿を見るでけでも もっとがんばろう! って元気100倍です☆

088_20110926230943.jpg

このアクティビティを通じて、
いつも見て泳いで慣れ親しんでる川の水でも

環境が守られているかどうか判断する視点を持てたり

目に見えない物質が含まれてるんだなぁって気にしたり、

棲んでいる生き物の変化で川の健康状態がわかったり、、

見る視点・角度によって いろいろな事がわかるんだ!

ってことに気付くきっかけを与えられていればいいな♪


そんなコトを思いながら、この REEP の活動に取り組んでいます。





        




スポンサーサイト

kena makan

村に入ってる時のこと、
なんとも悲しい衝撃的な出来事がありました。


村内の私たち公園局関係のスタッフが寝泊まりするステーションには
先輩隊員が以前自宅で飼っていて帰国にあたり預けていった猫たちがいます。

先輩隊員はメス1匹から飼い始めたらしいのですが、
どこぞで子猫を何度か産んだらしく村に預けられてきた時点で
・母猫1匹
・1回目に産んだ子猫1匹
・2回目に産んだ子猫3匹
さらに母猫のお腹は今にも新たに出産しそうなほどパンパン…
って感じだった。


で、今回わたしたちが村に入って2日目の朝。
母猫がついに3回目の出産。



でも、子猫の数に関するみんなの見解がどうも食い違う…


「母猫が7匹も子猫産んだぞ!!」
って言われて見に行ったけど、

段ボール箱の中には何度数えても5匹の子猫しかいない。



「5匹しかいないじゃん(笑)」

ってスタッフに言うと…


村人 「 あぁ。 Kena makan 」



…!?


「 kena makan!? 」
(食べられた!?)

「だれに!?なにに!?」




「他の猫に。」



…………。。。。


だって他の猫って…兄弟にあたる子猫しかいないし…


先輩 「そういえば朝、子猫が何か生き物たべてた…」


そんなショックを受ける私たちの横で
すでに他の産まれたばっかの赤ちゃん猫が
兄弟の子猫たちに持ち去られかける…

お母さん猫はお乳もあげず遠くにいて
持ち去られることにも無反応。



けっきょく夜には赤ちゃん猫たちは1匹もいませんでした。


すっごいショック。


ちょうど短期専門家の方が一緒にいらっしゃってて、
その方は野生動物の専門家の方なんですが
野生の猫でもこんなことはないそう。

Read More »

村で聞き取り調査中…

前にもちょっとお知らせしたけど…

8月30日~9月6日までの1週間
そして9月17日~21日までの5日間、
公園内のCUZ(コミュニティ・ユーズ・ゾーン)、
UluSenagan, MongolBaru村に入っていました。

目的は村内の家庭へ全戸調査をおこなうこと。

062_20100923000111.jpg


今回の調査で聞きとることは大きく分けて2つあります。

………………………………………………………………………
1. 8月初旬に行ったホームステイプログラム受け入れの印象
及び今後のホームステイプログラムについて思う事 
2. 住民の化学肥料・農薬使用に関する実態調査
………………………………………………………………………

「1」 のホームステイプログラムについては
主に先輩隊員が行っている代替収入探しに関する活動の一環で、

「2」の化学肥料・農薬使用の実態調査が
今後主にうちの活動へ関わってくる部分です。


うちの活動は河川の参加型水質調査を通じた環境教育。
でも河川は上流から下流までとても広域…。


そこで、今までにCUZとして公園局・JOCVとも土台があり、
河川の上流域にあるUluSenagan,MongolBaru村をエントリーポイントとして
実態調査をおこなっていくことにしました。

村人たちはムルット族伝統の狩猟をして生活していますが、
日常的に家族が食べるための野菜や稲の栽培、
現金収入源としてゴム樹液を採取するための小規模ゴム園などを持っています。

今回の聞き取り調査では、
村人たちが
「どんな種類の化学肥料や農薬」を、「どこの土地」で、「何の作物」に、
「どのくらいの頻度」で、「どのくらいの量」
使用しているか把握していく事が目的で、村内の37世帯すべてをまわっています。

この実態調査の結果を足がかりに、
今後の活動の足がかりをつかんでいければと思っています。

125.jpg


今までの聞き取りの結果でいえば、
「化学肥料」 を使ってる家庭は少数。

除草剤

169.jpg

逆に 「除草剤」 はほとんど家庭で使われていて、
用途はゴムの畑や稲の田んぼみたいな農地はもちろん
家の周りの除草に使ってるって人もけっこう多かった。

171.jpg


種類(商品名)も聞いたので、
今後は村人が買いに行ってるという麓の町の農業用品店へ行って
詳細を調べて、それがどのくらい河川に影響を与えてるか調べる予定。

でもうちは専門家じゃないし、配属先の公園局にも専門知識のある人はいないので
いろんなツテをたどって助けてくれる人さがさなきゃ…。


ん――――!!
いそがしくなりそうな予感!!!

110_20100923000111.jpg

Community Use Zone 【kg.Ulu Senagang & Mongol Baru 】

今日はうちの活動の大枠について紹介します♪

まず、うちの活動に深くかかわっているJICAプロジェクト“BBEC”について。

(全部は書ききれないので本当に大枠だけ…)

BBEC(ビーベック)”

=ボルネオ生物多様性・生態系保全プログラム


とは、

JICAが実施する

「包括的かつ持続的な保全体制・システムを構築・強化することによって、サバ州の生物多様性・生態系を保全すること」

を基本的な全体目標とする20022012年までの10ヵ年プロジェクトです。



プロジェクトは大きく以下の二段階に分かれています。

(表が見にくくてすみません…)

1. BBECフェーズ1(200220075年間)

【技術支援】

特に研究・モニタリング分野への技術的支援

(サバ大学,野生生物局,サバ公園局,科学技術庁)


2. BBECフェーズ2(200720125年間)

【政策支援】

強化された技術をベースに、組織体制(意思決定プロセス)の強化

(環境ガバナンス)



今はBBECフェーズ2。

うちの活動期間はちょうど10ヵ年プロジェクト最後の2年間にあたります。



プロジェクトでは、

縦割りの行政区分を横断的に調整していくための委員会・セクター機能創設も

すでに実現されていて本当に興味深いです。



今サバ公園局には私と先輩隊員を併せて4人のJOCV(青年海外協力隊員)が在籍していて、

私たち協力隊とBBECは上記表の緑・黄色の部分での有機的連携を目指しています。



先輩隊員の内お二人は主に参加型保護区管理の部分に関わって活動中。



この保護区はBBECⅠの時に設置されたCommunity Use ZoneCUZ)で、

ムルット族の人々が暮らすUlu Senagang & Mongol Baruという村です。



クッロカー山脈公園は森林保全区なので

本来人の居住やそこでの森林利用は認められていません。


しかしここには保護区策定以前からムルット族の人々が暮らしていた為

例外的にCUZとし、ここで行政と住民の「共同管理」を目指した活動が展開されています。



協力隊による活動の中心は森林利用を軽減するための代替収入プロジェクトで、


村の女性たちによるハンディ-クラフト制作や


ホームステイプログラムの受け入れ等。


先週はJICAの教師海外研修プログラムの一環として

東京から来られた先生方の23日のホームステイを受け入れました。



現場に入っていく協力隊員の活動は主に


1. 公園局と住民の間に入り第三者として両者の調和を図る

2. 村人の収入向上のため代替収入を探す

3. 公園内および付近の住民に対する環境教育で人々の意識を高める


の3点。


うちは流域管理のプロジェクト(上記表で緑の部分)の中で

環境教育による住民の意識向上に関わっていく可能性が高いようです。



とても重要なプロジェクトに関わらせていただくことができて

本当にこれから楽しみ!!


まずは

英語のプロジェクト資料を訳すため英語の辞書と格闘し、

こっちの人とコミュニケーションをとるためマレー語の辞書と格闘し、、


・英語⇔日本語

・英語⇔マレー語

・日本語⇒マレー語

・マレー語⇒日本語

・指さし会話帳

・単語メモ 

などなどなど…


ものすごい量の辞書をお守りのように持って歩く日々です。()



でも

いま自分が持ってるものと、これから得ていくもの、

持てるものをしっかり活かして頑張っていきたいと思います☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Terima kasih❤

Terima kasih
** ありがとうごさいます ** 

“便利なモノ”じゃなく
“本当に必要な大事なもの”

“人を傷つけるモノ”じゃなく
“命を守るもの”

“競争”じゃなく
“共生とバランス”

にしっかり心を込めて

ゆったり自然に
暮らしていきたいと思います*

Profile

ai107

Author:ai107
Ai Kinoshita


いつでも “Bila-bila”
どこでも “Mana-mana”

大切なものを大切に…

このBLOGでは
日々のいろんなことを
まぁ ぼちぼちと

ほんとうにだいじなもの
を見過ごさないために。


* * * * * * * * * * * * *
2010.6-2012.6
Malaysia, Sabah州Keningau
青年海外協力隊
* * * * * * * * * * * * *
2012.7-
やまぐち うべ
* * * * * * * * * * * * *

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近のできごと

月別アーカイブ

テーマごと

絵本 日々の生活 ふるさと この国で暮して… 山登り ふっと心に浮かんだコト えほんCafe 保存食 とびだす症  ぽつりぽつり 私たちの国 日本の夏 ぽつりぽつり。 文化/暦 とびたす症 いただきます お知らせ ぱぎちゃんのおはなし。 Borneoの自然 Malaysia/Borneoの文化 川の環境教育(REEP) 任地クロッカー山脈公園 村でのコト 楽しい思い出♪ サバ公園局のオシゴト 言葉 MercyMalaysia 任地での生活 環境分科会活動 環境問題 

カテゴリ

未分類 (19)
life (47)
JOCV活動 (29)
ぽつりぽつり (19)
イスラム教文化 (4)
日本でのぽつりぽつり (21)
わたくしごとですが。 (8)
ふらりふらり (17)
おしらせです。 (12)
ぱぎちゃんのおはなし。 (5)
心の肥し (6)
心を込めて暮らす (20)
つながり (3)
てくてく。えほんCafe への道 (9)

Berapa orang datang...?

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集♪

おすすめの本

CrockerRangePark

任地クロッカー山脈公園の写真です

Keningau Life

マレー人もビックリ! "ケニンガウ文化" な毎日

中秋晩会

中華系マレー人の方に誘っていただいて、“中秋晩会”というお祭りに参加させてもらってきました。星暦(旧暦)の8月15日、中秋の名月を祝う中国のお祭り(日本で言う十五夜です)。

Malaysia Life 1

みんなに見送られいざMalaysiaへ!! 同期と過ごした首都クアラルンプールでのオモシロ1ヵ月♪

Kg.UluSenagang&MongolBaru

クロッカー山脈公園内CommunityUseZoneとなっている ウルセナガン・モンゴルバル村.     ムルット族の人々が暮らすこの村がうちの活動拠点です♪

Makanan di Malaysia

マレーシアの食べ物事情いろいろ♪

Movie di Maiaysia

Smile di Malaysia

検索フォーム

ブロとも申請

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。