2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化がつないだ人と自然。

今日は、5月にプナンパン郡で開催予定の川の環境教育プログラム“REEP Penampang”として、地元で川を守ろうと活動されている“CLEAR(Community-Led Environmental Awareness for our River)”というグループを訪ねに行ってきました。

DSCF6694.jpg

私たちサバ公園局、JICA-BBECⅡの市川さん、そしてSabah Environmental Action CentreからはJOCVのやなめちゃん(柳詰JV)も参加。
お天気にも恵まれ、女子チームで和気あいあいと楽しく、そしてパワフルに、竹でできた筏ボート(?)で川のCLEARが活動されている範囲を下流から上流までさかのぼりつつ、どんなふうに連携・協力していけるのかアイデアを探します。

DSCF6696.jpg

普段、車などで道を走りながら見ているとあまり気付けませんが、筏で川をさかのぼっていくと…

DSCF6770.jpg
川岸の家からゴミがたくさん川へ捨てられていたり、

DSCF6735.jpg
水路から真っ黒い水が流れ込んでいる様子を見かけたり、

人の生活から川へ与えられているたくさんの悪い影響を目の当たりにしました。





CLEARの代表をされているウィニーさんのお話しです。


「私の小さい頃、家にはまだ水道がなくて生活の水はすべて川から引いていたの。洗濯も水浴びも、そして田畑へ流れていく水も全て川から得ていて、人の生活と川はきっても切り離せなかった。」

DSCF6712.jpg

「川岸に竹がいっぱいはえているでしょう。昔の人は、この筏のように川を渡るために竹を使ったり、竹で家を建てたり、生活に必要な道具を作ったりしてたから、竹は私たちの文化になくてはならないものだった。それで昔の人は自分たちの家の周り、川の周りに竹をたくさん植えたのね。」

DSCF6711.jpg

「でも今は、そんなふうに竹を使うこともほとんどなくなってしまって、ホラ、成長しすぎた竹が川の方に枝垂れ下がってしまってるの。こうなると見た目も良くないし、川の自然な流れを遅くしてしまう原因にもなってしまって…。。」

DSCF6733.jpg

「昔はこの川自体、すごく大切ね交通網になってたんだけど、今は漁師さん以外舟も使わなくなってしまったしね。人の生活が変わってしまって、“川と人”のつながりが失われてしまっているの。」

DSCF6755.jpg





たしかに私が知る限りでもこの土地の文化は川を含めた豊かな水に恵まれた熱帯の自然、そして竹をはじめその自然を守りメンテナンスしねがら利用して共生してきた人の知恵に深く深く根ざしています。

豊かな自然があったからこそ人は文化を生みだすことができてきたし、その文化が“人と川”“人と自然”のつなげてきたんだと思います。

人が自然の力を借りて、共生していた時代の文化が失われていく中で、わたしたちは大切な自分と自然の絆もなくしていってしまっているんですね。

便利なモノ、お金を払えば手に入るものはいっぱいあるけど、ひとつひとつの竹を編んでいくような文化の中に忘れちゃいけない本当に大切な感覚があるように思います。

DSCF6725.jpg


ウィニーさんは、

「これが私たちの川なの。」

「たとえ今は問題を抱えていても、私たちは自分の家からもう一度川を愛していく活動を始めるの。だって私たちの川は、今ここにあるこの川だもの。」

と、おっしゃっていました。



自分の生活を見つめなおす。

大切なことを忘れない。

そして、あきらめない。



川と人の関係、たくさんの問題も見たけど、またひとつ大きな勇気をいただいた一日でした。











            
   
スポンサーサイト

今日も地道に活動中。

先日、3月に予定している次回REEP(River Environmental Education Program:川の環境教育プログラム)のためTambunanという隣の郡へ下見に行ってきました。

IMG_3418.jpg

REEPのアクティビティでは子どもたちと川の上流から下流までを巡り、豊かな森に育まれた川の水とそこから恩恵を受けているヒトの生活について考え直していきます。さらに上流部・中流部・下流部でそれぞれフィジカル・バイオロジカル・ケミカルの3つの手法を用いて川のヘルスチェックを行い、「わたしたちの川って本当にきれいなの?」ってことを改めていろんな角度から子どもたちと見つめ直していこうというプログラムです。

次回のアクティビティは3月上旬。よりよいプログラムにするため、そしてこのプログラムをずっと続けていく上で必要な意識の向上とキャパシティビルディング(能力の形成)のため、私たちは事前に関係機関のスタッフと地道に話し合いを何度も重ね、アクティビティ場所の下見も納得するまで行います。
下見では、川の地図を見ながら実際に川を辿って状態・環境を確認しながら2泊3日のアクティビティを組み立てていきます。(ちなみに上の写真はWWFのスタッフ。WWFはもうずいぶん前からここTambunan郡で活動をしていて今回は彼らと共働でREEPを開催していくため、一緒に下見に来たわけです。)

“目は足にあり”。
そして一緒に汗を流して、酸いも甘いも苦いも一緒に経験を重ねてこそ根付くものがある。
いちばん大事にしていきたいことです。






さて、そんな下見の最中。
ここのところ自分の活動中の写真(特に話し合いとか日々の地道な活動の写真)があまり無いなぁ…と気になっていたワタシ。ちょっとお願いして“真面目に話し合いをしてるとこ”の写真をとってもらうことにしました。

Ok! cuba dulu...☆

IMG_3405.jpg
1枚目
ダメですね。。顔がニヤけて真剣さに欠けてるみたいに見えるかも…。


IMG_3412.jpg
2枚目
お。なんだか真剣に悩んでいる様子が出てるかも。


IMG_3413.jpg
3枚目
いいかも♪「関係機関も巻き込んで“真剣に”協議中」って感じです。


IMG_3415.jpg
4枚目
あぁ。。 やっぱダメだ。笑っちゃぅ。。

そしてよく見るとこの4枚の写真、動いてるのほとんどうちだけですね。笑




と、まぁこんな風にうちは地道な活動を日々続けています。

楽しいなぁ~♪














今さらながらの…2011年度ボランティア総会


もう2ヵ月も前のことになります。首都クアラルンプールで2011年度のJICAマレーシアのボランティアによるボランティア総会が開催されました。だいぶ時間を遡ってしまいますが今回はその時の様子について載せてみます。
マレーシアでは2011年末時点で21名の青年海外協力隊員と13名のシニア海外ボランティアが活動を行っています。マレーシアの場合は特に、国内でも半島マレーシアと東マレーシア(ボルネオ島部)は海によって隔てられ飛行機に乗らないと行き来できない為、多岐にわたって活動するボランティアが一堂に会するのはこの1年に一度のボランティア総会時だけと言っても過言ではありません。

さて、そんな今年のボランティア総会は2011年11月21・22日の二日間。
同期が揃って会えるのもこの日だけなので、私たち平成22年度1次隊でもクランタン州産の高級バティック(手染め布)で仕立てたバジュ(マレーシアの公式な場で着られる民族衣装)をお揃いで着たりとかなり気合入りまくりです。

IMG_5920_20120118114741.jpg
テーマは「女を美しく見せる黒」。なのですが…さて、いかがですか?(笑)
実はこのバジュ、1年くらいかけて布を選んだり海を越えて布を送ってもらったり各自思い思いの仕立てをしたり、せっせせっせと準備してきた逸品。みんな少しずつ柄が違ったりけっこう凝っています。

総会は、まず各隊次ごとに簡単な自己紹介から始まります。新任ボランティアじゃなくても、半島マレーシアのボランティアやシニア海外ボランティアの方は私もやっと名前とお顔が一致するくらい。やっぱり普段お会いする機会もないので、1年に1回のこの自己紹介はかなり重要です。他の隊次もうちの同期同様かなり気合を入れて同期お揃いバジュで揃えていました。
IMG_5924_20120118114929.jpg 

IMG_5926_20120118114929.jpg

自分たち自身の気分が盛り上がるのはもちろんのこと、見た目にも華やかだし、馴染みのない人にとっては一目瞭然で誰と誰が同期なのかわかっていいですね。



その他、一日目のプログラムは、

・ボランティアが活動分野ごとに組織している分科会の活動報告
マレーシアには現在、福祉分科会・環境分科会・CESS分科会の3つの分科会があります。
この活動報告は他の分科会が一年間に行った活動について知るとてもいい機会です。
ちなみに私は職種が村落開発普及員ながら実際の活動は環境教育なので環境分科会のメンバーになっています。【環境分科会ブログ:http://kankyobunkakaimy.blog.fc2.com/】

・ボランティア活動報告
なんとたった二人の発表者に私も選んでいただいて、30分間くらい活動報告をさせていただきました。活動発表は自分の活動を今一度振り返って整理するとても良い機会になりますね。発表後に他のボランティアの方から「とてもいい活動されてますね」と声をかけて頂いたときは本当に泣きそうなくらい嬉しかったです。

IMG_5778_20120118114929.jpg

・JICA専門家の方による講演
久しぶりにパウロ・フレイレの「被抑圧者の教育学」という本のタイトルを聞いて感動しました。

・グループディスカッション
①ボランティアスピリッツ(ボランティアを目指した動機や想い),②マレーシア人から学び日本に伝えたいこと,③配属先との関係構築法,④ストレスマネジメント,⑤マレーシア人のやる気を引き出す方法… といったテーマでボランティアが数人のグループに分かれ、所長や次長などJICAマレーシア事務所の方々もオブザーバーとして参加してくださっての熱い議論が交わされました。同じことについて見ていてもそれぞれのボランティアが活動している環境や目線などによって見かた・感じ方は十人十色。他の方の自分とは違った意見を聞かせていただいたり、自分はこんな風に見たり考えたりしてるんだなぁと改めて感じてみたりと面白かったです。

・委員会活動報告と次年度委員への引き継ぎ
昨年度私はJICAマレーシア・ボランティア情報機関誌「ANGIN(あんぎん)」の編集委員をさせていただいていました。
ちなみに今年の「あんぎん」編集委員メンバーはこちら↓ 個性溢れ出してます。(笑)
CIMG1445_20120118114929.jpg

そして、こうして1日目のプログラムが終わった後は所長・次長をはじめとするJICA事務所スタッフの方々も参加してくださっての楽しい懇親会でした♪ 内容はご想像におまかせします。(笑)
IMG_6019_20120118115233.jpg



さて、(前夜のお酒&寝不足には意地でも屈してなどいられません。)ボランティア総会2日目はJICA専門家の方なども参加されての安全対策協議会から始まりました。
この安全対策協議会、正確にはボランティア総会とは別物で、JICA事務所が主催で医療関係者の方から「マレーシア生活における健康管理について」のお話しや、日本大使館の方から「マレーシアにおける最近の治安情勢及び交通安全について」と題したお話しなどをしていただくものです。
マレーシアで生活し始めてもう1年と半年。そろそろ日本で暮してきた感覚の方が薄れてきている今日この頃ですが、それでも日本とマレーシアの環境では健康管理についても治安や交通安全などについても違うこと、より一層気を付けなければいけないことはたくさんあります。今一度気を引き締め直さなければ。。

ちなみにこの二日間のボランティア総会中、会場内では“笑”をテーマにしたフォトコンテストの写真展示&投票コーナーがあったり、
IMG_5868_20120118114928.jpg

福祉系ボランティアが活動するPDK(英:Community Based Rehabilitation/「地域に根ざした障害者福祉の拠点」)センターで作られた製品の販売コーナーなんかもあって、賑わっていました。
IMG_5819_20120118114929.jpg

他にもボランティア総会2日目のこの日は、

・マレーシア首相府経済企画院(JICAボランティアの受け入れをしている政府機関)の方による講演
・フォトコンテスト表彰式
・ボランティア皆での合唱「We Are The World」

などもありました。

IMG_6092_20120118115232.jpg
ちなみにこの日はボルネオ島(サバ州・サラワク州)組でつくったお揃いバジュ(サラワク州の伝統的な柄)です♪



ボランティア総会は毎年一度開催されていますが、今年は例年の一日開催より時間をたっぷりととった二日間の開催で、昨年度よりさらに気持ちにゆとりを持って参加できたように思います。昨年度はなかったボランティアの活動報告やグループディスカッションなどを通じて、同じマレーシア国内で活動されている皆さんの状況や想いをたくさん知ることもできました。
特に個人的には、先にも書いた通り皆さんの前で活動報告をさせていただいたことがとても大きかったです。
今まで活動のことをこんなに大勢の方(特に同じようにボランティア活動をされている方々)の前で発表したことはありませんでした。発表のためにパワーポイントでプレゼンテーションを作っている時も、発表を聞いてくださる皆さんの表情・反応を見た時も、たくさん質疑応答してくださった時も、すべてが自分の活動をあらためて振り返るためとても大切なものとなりました。
かけていただいた温かい言葉を力にかえて、またさらに楽しく頑張って活動していきたいと思います。

IMG_6082_20120118115233.jpg







    

REEP in SK.Ulu Senagang - ウルセナガン小学校でのREEPアクティビティ -

2011年9月22日

ウルセナガン小学校というところで REEP のアクティビティを実施しました。

この小学校があるウルセナガン村はクロッカー山脈公園の中にあるムルット族の村で、
サバ公園局と住民が共同自然資源管理をおこなっていこうという取り組みがなされているところです。

私も REEP が本格的に動き始める前は、この村でいろいろ活動していました。


さらに、このウルセナガン小学校は、
去年11月に私たちが初めて “水の水質調査を通じた川の環境教育活動” を行い、
「REEP の芽」 が最初に芽吹いたところでもあり、
私たちにとってとりわけ思い入れが強いのはもちろん、
校長先生も環境教育プログラムに関心が高く、
「“川の環境教育プログラム”をぜひ今年もやってほしい」
と言ってきて下さるくらいアクティブな学校です。

555.jpg

今回のアクティビティの対象は小学校5年生と6年生の合せて25人。

昨年度は6年生のみを対象に行なったのですが、
この REEP をきっかけにして、学校で何か川や環境を守っていくためのアクションを起こそうとしていく場合、
6年生は今年末で卒業してしまうため直接的な学校でのアクションには繋げづらいという事で、今年は5年生と6年生を混ぜて25人の生徒が選ばれました。

606.jpg

アクティビティ ①
クロッカー山脈公園の水源地としての重要性についてブリーフィング

私たちの川の水はどこからやってくるのか?
もし豊かな森がなかったら、どんなことが起こるのか…?

この自然は、祖先から受け継いで 次の世代につないでいくもの、
私たちはあくまでもそれを “借りて” 恩恵を受けさせてもらってるんだ


ってことを、子どもたちと一緒に考えます。


059.jpg

アクティビティ ②
みんなで川へ移動して、五感を使った “川の状態 フィジカルチェック”

川の流れはどうだろう?どのくらい速いかな?
水に臭いはある?
川の水は濁ってる?
川の周りの土地利用はどんなふうかな?工場がある?農地がある?
周辺から排水溝とか流れ込んでるかな?
川のまわりにどのくらいゴミが落ちてる?

質問表に従って子どもたちで川の健康状態を点数付けしていきます。


067_20110926022734.jpg

アクティビティ ③
水質調査の簡易化学キットを使い、 “川の水質 ケミカルチェック”

小学5・6年生にはちょっと難しかったかな…。

でも、

試験官に川の水をとって
薬を入れて
振って…

水の色がだんだん変わってくる!

実験ってやっぱり ドキドキわくわく 楽しいですよね ^^

ようは子どもたちに

“目に見えなくても 水の中には いろんな物質が含まれてるんだ!”

ってことに気付いてもらえればいいのです♫


643.jpg

アクティビティ ④
そして、ブリーフィングの時から子どもたちが一番目をキラキラ輝かせて楽しみにしていたのが、
川の水生生物をつかまえてその種類から川の水質をランク付けする
この “バイオロジカル チェック”

089_20110926232408.jpg

先のケミカルチェックでは、川の今の状態 を切りとることができるのに対し、

この水生生物指標を元にしたバイオロジカル・チェックでは、
川に生息する生き物の種類から 川の長期的な水質 の状態を見ていきことができます。

072.jpg

小学5・6年生の子どもたち
普段から水浴びも川でしている村の子たちですが、
やっぱり実際に水の中へ入ってのアクティビティは本当に楽しそう♫

075.jpg

アクティビティの終わりには、
学校の先生から 「ぜひまた来年も、次は自分の番だと思って楽しみにしている5年生・6年生たちのためにアクティビティやってくださいね!」 って言っていただきました。


今回はいろいろな事情で時間をかなり短縮したプログラムだったのですが、
こんなふうに先生たちに言ってもらえて、
子どもたちがすっごく楽しそうにアクティビティしてる、
そんな姿を見るでけでも もっとがんばろう! って元気100倍です☆

088_20110926230943.jpg

このアクティビティを通じて、
いつも見て泳いで慣れ親しんでる川の水でも

環境が守られているかどうか判断する視点を持てたり

目に見えない物質が含まれてるんだなぁって気にしたり、

棲んでいる生き物の変化で川の健康状態がわかったり、、

見る視点・角度によって いろいろな事がわかるんだ!

ってことに気付くきっかけを与えられていればいいな♪


そんなコトを思いながら、この REEP の活動に取り組んでいます。





        




ノッてるAnthony

Anthonyさん が ノリに ノッております (笑)

kako-4tBiMvdXz76AKh3l.jpg


今日は、Anthony(サバ公園局)・かんちゃん(先輩JOCV)・ともこさん(JICAプロジェクトBBEC専門家)・Aless(同じくBBEC)・そしてうちの5人で

マレーシア国立 サバ大学 (UMS : University Malaysia Sabah)へ行ってきました


目的は、REEPメンバーでもある UMS に、
水質調査で使う “水生生物指標”作成に関するアイデアをもらうこと

kako-dY9GTHhe2NVqq5ia.jpg

この“水生生物指標”っていうのは、水の中に生息する生き物を調べることで、川の水質(どのくらいきれいな水か)を調べるためのもの


日本でもよく使われてる方法だし、
インターナショナルな虫取り表も NGO とかよく使ってるみたいですが、

わたしたちとしては、 “ この土地に合った ” しかも “ マレー語版 ” の

“ REEP 版 水生昆虫表 ”

をつくりたい!


今後 REEP を学校で実施していくとき、
子どもたちが川に持って行って使えるようなやつ

kako-4uDFnlXZZlhTZhG4.jpg


ぐいぐい話しをひっぱる “ ノッてる Anthony ” のパワーもあり(?)

今日は 水生生物指標づくり のアイデアもいろいろもらえたし、

10月に REEP をど~っっ とスタートさせる時には
UMS から協力いただけることも決まりました ♪



やっぱ ノッております REEP


そして Anthony は ノリすぎなほどに ノッております (笑)


本当に嬉しいことです

kako-73VpdiT8Rcc4xWCM.jpg


さぁ Anthony といっしょに もっともっとノッてきます♪

** 過去の REEP に関する記事へ **














       
  

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Terima kasih❤

Terima kasih
** ありがとうごさいます ** 

“便利なモノ”じゃなく
“本当に必要な大事なもの”

“人を傷つけるモノ”じゃなく
“命を守るもの”

“競争”じゃなく
“共生とバランス”

にしっかり心を込めて

ゆったり自然に
暮らしていきたいと思います*

Profile

ai107

Author:ai107
Ai Kinoshita


いつでも “Bila-bila”
どこでも “Mana-mana”

大切なものを大切に…

このBLOGでは
日々のいろんなことを
まぁ ぼちぼちと

ほんとうにだいじなもの
を見過ごさないために。


* * * * * * * * * * * * *
2010.6-2012.6
Malaysia, Sabah州Keningau
青年海外協力隊
* * * * * * * * * * * * *
2012.7-
やまぐち うべ
* * * * * * * * * * * * *

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のできごと

月別アーカイブ

テーマごと

絵本 日々の生活 ふるさと この国で暮して… 山登り ふっと心に浮かんだコト えほんCafe 保存食 とびだす症  ぽつりぽつり 私たちの国 日本の夏 ぽつりぽつり。 文化/暦 とびたす症 いただきます お知らせ ぱぎちゃんのおはなし。 Borneoの自然 Malaysia/Borneoの文化 川の環境教育(REEP) 任地クロッカー山脈公園 村でのコト 楽しい思い出♪ サバ公園局のオシゴト 言葉 MercyMalaysia 任地での生活 環境分科会活動 環境問題 

カテゴリ

未分類 (19)
life (47)
JOCV活動 (29)
ぽつりぽつり (19)
イスラム教文化 (4)
日本でのぽつりぽつり (21)
わたくしごとですが。 (8)
ふらりふらり (17)
おしらせです。 (12)
ぱぎちゃんのおはなし。 (5)
心の肥し (6)
心を込めて暮らす (20)
つながり (3)
てくてく。えほんCafe への道 (9)

Berapa orang datang...?

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集♪

おすすめの本

CrockerRangePark

任地クロッカー山脈公園の写真です

Keningau Life

マレー人もビックリ! "ケニンガウ文化" な毎日

中秋晩会

中華系マレー人の方に誘っていただいて、“中秋晩会”というお祭りに参加させてもらってきました。星暦(旧暦)の8月15日、中秋の名月を祝う中国のお祭り(日本で言う十五夜です)。

Malaysia Life 1

みんなに見送られいざMalaysiaへ!! 同期と過ごした首都クアラルンプールでのオモシロ1ヵ月♪

Kg.UluSenagang&MongolBaru

クロッカー山脈公園内CommunityUseZoneとなっている ウルセナガン・モンゴルバル村.     ムルット族の人々が暮らすこの村がうちの活動拠点です♪

Makanan di Malaysia

マレーシアの食べ物事情いろいろ♪

Movie di Maiaysia

Smile di Malaysia

検索フォーム

ブロとも申請

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。