2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーサー・ビナードさんが防府へいらっしゃいます

昨年、宇部で講演され超大入満員だった
あのアーサー・ビナードさん(詩人・絵本作家・エッセイスト・翻訳家)が、
7月に防府へいらっしゃいます。

辛口なのに爆笑の渦が巻き起こるアーサー・ビナードさんのお話し、わたし大好きです!
もちろん詩集もエッセイも絵本も大好きですが。

とにもかくにも、一度聞いてみてくださいまし。

さがしています (単行本絵本)さがしています (単行本絵本)
(2012/07/20)
アーサー・ビナード


商品詳細を見る
 
亜米利加ニモ負ケズ (新潮文庫)亜米利加ニモ負ケズ (新潮文庫)
(2014/03/28)
アーサー ビナード

商品詳細を見る

****************************
アーサー・ビナード(Arthur Binard)
1967年、米国ミシガン州生まれ。
ニューヨーク州のコルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。
詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、絵本『ここが家だ――ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞を受賞。
エッセイ集に『亜米利加ニモ負ケズ』(日本経済新聞出版社)、『日々の非常口』(新潮文庫)、絵本に『くうきのかお』(福音館書店)、『ことばメガネ』(大月書店)、翻訳絵本に『ダンデライオン』『どんなきぶん?』(ともに福音館書店)、『カエルもヒキガエルもうたえる』(長崎出版)、『ホットケーキできあがり!』(偕成社)、詩集に『ゴミの日』(理論社)、翻訳詩集には『日本の名詩、英語でおどる』(みすず書房)など。
文化放送「吉田照美 飛べ!サルバドール」と青森放送「土曜トモラジいいね」「サタデー横町」でパーソナリティーもつとめる。

****************************
bb4045734e2aaecd1166ba27dd1a5b07.jpg

アーサー・ビナードさん講演会
 「今を生きるすべてのひとへ」~未来への提言~


【日時】 7月14日(月) 19:00 - 21:00 (18:30 開場)
【場所】 ルルサス防府 多目的ホール

【入場料】
前売り 一般800円 (高校生400円、中学生以下無料)
当日  一般1000円 (高校生500円)

【チケット取扱い】 アスピラート
【主催】 エコシフトほうふ
問合せ:0835-22-1275(草地) 
メール:hofuch@royal.ocn.ne.jp
       ※託児有り。7/7までに上記にご連絡ください。

防府市外の方で前売り券をご希望の方は、アスピラートが遠方になるとのことで、
事前に上記問合せ先へ連絡すれば前売り料金で入場できるそうです。




   
  
スポンサーサイト

山へ



山へいこう

必要最少限を我が身に背負い

便利よりも必要をえらんで

一番重い自身の心を軽くするために

20140618093827e02.jpg

山へいこう

この地球(ほし)に抱きしめてもらうため

太古の風に吹かれよう

連綿とつながる命を感じて

2014061809271626a.jpg

そして還ろう 私の暮らしへ。








   

“旬” のチカラ  “地” のチカラ

ここのところ、自分ちの畑やバイト先でいただいてくる無農薬・無化学肥料の安心お野菜で
とっても充実しているわが家の食卓



ハウス栽培や全国(国際)流通網により、スーパーなどでは年中かわらずいろんなお野菜を買うことができる昨今

「いろんな野菜をバランスよく」なんてコトを考えれば有難いことなのだとは思いますが、
その一方で私たちの『旬』という感覚はどんどん薄くなってしまっている気がしています…

先日どこかで見かけたテレビでは「旬の食べものクイズ」なんてものをやっていて
あらためて日本人から節季の感覚・食べものを自然の廻りの中でいただいているという感覚が失われていってしまっているんじゃないかと悲しくなりました


野菜は、旬の時期にいただけば一番栄養価も高く、その時期を乗り越えるため身体に必要な栄養素もしっかり詰まっています
もちろんハウス栽培で冬に収穫した夏野菜と、ちゃんと今の時期に実ったものでは、後者の方がはるかに栄養価が高い

たとえば夏が旬の野菜の
きゅうり・なす・とまと・みょうが・うり...etcには、
暑さで奪われやすいビタミンCを補ったり、ほてった体を冷してくれたりやす作用があり
しっかりいただくと夏ばてしにくくなるんだそうです


考えてみれば、夏にとれる野菜は
春から夏にむけ大地のチカラをしーっかり蓄え、暑い夏を乗り切れるように育ってきている訳で
それをいただいて生きている私たち人間にとってもよいはあたりまえのことですね

morimori-yasai -

そして、さらに大事な “地” のチカラ


「地産地消」とはよく聞く言葉で、
「住んでいる地域で生産されたものをそこの人たちで消費しよう」というものですが、
私は経済・消費活動的なことだけではなく

「野菜などをとおして暮らしている土地のチカラをわけてもらおう」
というのがとても大切なんだと思います


畑を見ればわかるように、野菜は大地に根をはり、風や雨や土などその土地の自然の力で育っていきます
そして、それは私たち人間も同じです

だから同じ土地、同じ自然環境の中で育った人間と野菜では内包している気の性質も似ていて調和しやすい


もちろん他の土地でとれたお野菜も美味しいなぁって思いますが、日々の食卓には自分の体とも自然に馴染んでいく土地の野菜がもりもりならぶと嬉しいですね



“旬” のチカラ 
“地” のチカラ

ちゃんと感じることのできる暮らしをしていきたいと思います













       

   
     
    

雨が命になるんだなぁ

今夜もそこらじゅうの田圃でかえるが大合唱しています。
「かえるが啼いたら明日は雨」
とよく聞かされてきましたが、ここのところは翌日が晴れでも毎夜ゲロゲログワッグワッ。
水いっぱいの田圃に興奮して寝られないかえる達の夜遊びでしょうか?笑

小学生の頃、雨がふると少々の雨なら傘をささず濡れて帰るのが好きでした。
(『かさをささないシランさん』という絵本の影響もあるかもしれません。)

中学生の頃、雨がふると部活は室内での筋トレで柔軟体操や腹筋にゼィゼィいってたのを思い出します。

高校生の頃は、雨がふると電車は混むし制服は濡れるしでとにかく嬉しくありませんでした。

img20130611_005417.jpg

けど、野菜を育てるようになってからはつくづく『恵みの雨』という言葉を実感します。

雨がふると野菜は本当に見違えるほど元気いっぱい。シャキン!と気持ちよさそうにみずみずしい姿で輝きます。
なので今年のように空梅雨で晴れの日が続き畑の土が乾いてくると、祈るような気持ちどころか本気で雨がふることを祈るばかり。

じめじめとして嫌がられがちな梅雨ですが、この雨の季節こそ夏に美味しいお野菜をいただける源なんですね。

山のむこうから水をいっぱいふくんだ重たい雲がやってきて、豊かな雨をふらせて、その一滴一滴が土の中にしみ込んで…
それが根から茎へ、そして葉や花まで吸い上げられて実を結ぶ。

13708788709221.jpg

昔から『穀雨(こくう)』という言葉もあります。穀物を潤す雨がたくさんふる春から夏のはじまりの頃のことだそうです。

あまり聞き慣れない言葉ですが、
暮らしと自然、食べものを生みだす農が当たり前に結びついていた頃の日本語、なんとも素敵な響きやなぁと思います。

"雨が命になる"

明日は空から命の源が降りそそいでくれるといいなぁ♪

   









     
    

春分の日のおすすめ❀

以前、山口市での上映をお知らせした
ドキュメンタリー映画『モンサントの不自然な食べ物』
の上映会が明日、周南市でおこなわれます。

*** リンク:『モンサントの不自然な食べ物』

じつは前回の上映に行く行くといいながら逃してしまった私…。
観た人曰く、「ゼッタイ観るべき!!」な映画だそうなので、
このたびこそは行きます!

(車で行くので、一緒に行きたい方大歓迎です♪)

DSCN4530.jpg


今回は、映画の上映はもちろんですが、
安部芳裕さんと大下充億さんのトーク 「“食”で世界が見えてくる」をとても楽しみにしています。

下記にも詳細を載せますが、大下さんは田布施町で「半農半菓」で暮らしておられる方。
私は高校生の時、宇部市と環境イベントをした際にはじめて大下さんとお会いしました。
もうかれこれ10年も前のことです。
紺色の作務衣にタオル鉢巻で誰に対しても自然に穏やかに話される大下さんがとーっても素敵で、
「うちも将来こーいう風に生きたいなぁ」
と心に決めたのを今でも思い出します。
これまで生きてきた中でのかけがえのない出逢いのひとつです❀

*** リンク:【自然菓子工房「欧舌」】


安部さんのお話しも昨年末に聞かせていただきましたが、
すごくわかりやすくて納得できるいいお話でした。
プロジェクト99%代表として本当に大事な情報を発信しつづけておられる方です。

*** リンク:【プロジェクト99%】


今回はこのお二人のトークということで、なんと贅沢なんだ!と。
とっても楽しみにしています♪

----------------------------------------------------------------------------------------

『モンサントの不自然な食べ物』上映会&トーク

【と き】 3月20日(水・春分の日)
      上映 1回目    10:00 ~ 12:00 
      上映 2回目    13:30 ~ 15:30  
      スペシャルトーク  15:30 ~ 17:00
      ★JAH MELIK + DON弥五郎によるレゲエライブあり

【ところ】 周南市市民館(周南市岐山通1-4 ℡:0834-22-8650)

【料 金】 前売り1000円 当日1300円(高校生以下無料)

【主 催】 瀬戸内シネマ
【共 催】 アースデイ@瀬戸内(Link:アースデイ瀬戸内HP
【問い合わせ】 松永(080-1921-5174)、堀永(090-8360-5825)

----------------------------------------------------------------------------------------

【映画】 『モンサントの不自然な食べ物』

monsanto.jpg
 ↑クリックすると拡大します

アメリカに本社を構えるアグロバイオ企業「モンサント社」、世界の遺伝子組み換え作物市場の90%を誇るグローバル企業の、クリーンなイメージに隠された裏の姿を追ったドキュメンタリー。
遺伝子組み換え作物から、過去に発売された枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモン。1世紀にわたるモンサント社のヴェールに包まれた歴史を、貴重な証言や機密文書によって検証していく。

【トーク】 安部芳裕&大下充億 「“食”で世界が見えてくる」
《安部芳裕》
持続可能な自立型経済をつくることをテーマに情報発信している作家、ソーシャルアクティビスト。全国で講演やワークショップを展開中。プロジェクト99%代表、サスティナブル経済研究所所長。著書に「だれでもわかる地域通貨入門」「日本人が知らない恐るべき真実」「国際銀行家の地球支配/管理のしくみ」「みんなが幸せになるお金の話」「原発震災後の日本の行方~知られざるTPPの真実」「世界超恐慌の正体-コーポラティズムvs国民国家の最終戦争」など多数。

《大下充億》
安全な食材を使ったケーキやお菓子を製造・販売している田布施町の自然菓子工房「欧舌」店主。ケニアでのボランティア体験をもとに「半農半菓」をかかげ、自然農による自給的な生活、古民家を使った里山の幼稚園「こびとのおうちえん」を開くなど、自然と共存した生活を実践している。

----------------------------------------------------------------------------------------


JAH MELIK + DON弥五郎によるレゲエライブもあるそうで、とっても楽しみ♪


春の風が吹きはじめ、耕され種まきを待つ田畑がふえてきた今日この頃。

季節の移り変わりを感じる春分の日に、

これから私たちがいただいていく食べもののこと、ちょっと考えてみませんか❀

116_20130319151235.jpg









    

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Terima kasih❤

Terima kasih
** ありがとうごさいます ** 

“便利なモノ”じゃなく
“本当に必要な大事なもの”

“人を傷つけるモノ”じゃなく
“命を守るもの”

“競争”じゃなく
“共生とバランス”

にしっかり心を込めて

ゆったり自然に
暮らしていきたいと思います*

Profile

ai107

Author:ai107
Ai Kinoshita


いつでも “Bila-bila”
どこでも “Mana-mana”

大切なものを大切に…

このBLOGでは
日々のいろんなことを
まぁ ぼちぼちと

ほんとうにだいじなもの
を見過ごさないために。


* * * * * * * * * * * * *
2010.6-2012.6
Malaysia, Sabah州Keningau
青年海外協力隊
* * * * * * * * * * * * *
2012.7-
やまぐち うべ
* * * * * * * * * * * * *

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近のできごと

月別アーカイブ

テーマごと

絵本 日々の生活 ふるさと この国で暮して… 山登り ふっと心に浮かんだコト えほんCafe 保存食 とびだす症  ぽつりぽつり 私たちの国 日本の夏 ぽつりぽつり。 文化/暦 とびたす症 いただきます お知らせ ぱぎちゃんのおはなし。 Borneoの自然 Malaysia/Borneoの文化 川の環境教育(REEP) 任地クロッカー山脈公園 村でのコト 楽しい思い出♪ サバ公園局のオシゴト 言葉 MercyMalaysia 任地での生活 環境分科会活動 環境問題 

カテゴリ

未分類 (19)
life (47)
JOCV活動 (29)
ぽつりぽつり (19)
イスラム教文化 (4)
日本でのぽつりぽつり (21)
わたくしごとですが。 (8)
ふらりふらり (17)
おしらせです。 (12)
ぱぎちゃんのおはなし。 (5)
心の肥し (6)
心を込めて暮らす (20)
つながり (3)
てくてく。えほんCafe への道 (9)

Berapa orang datang...?

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集♪

おすすめの本

CrockerRangePark

任地クロッカー山脈公園の写真です

Keningau Life

マレー人もビックリ! "ケニンガウ文化" な毎日

中秋晩会

中華系マレー人の方に誘っていただいて、“中秋晩会”というお祭りに参加させてもらってきました。星暦(旧暦)の8月15日、中秋の名月を祝う中国のお祭り(日本で言う十五夜です)。

Malaysia Life 1

みんなに見送られいざMalaysiaへ!! 同期と過ごした首都クアラルンプールでのオモシロ1ヵ月♪

Kg.UluSenagang&MongolBaru

クロッカー山脈公園内CommunityUseZoneとなっている ウルセナガン・モンゴルバル村.     ムルット族の人々が暮らすこの村がうちの活動拠点です♪

Makanan di Malaysia

マレーシアの食べ物事情いろいろ♪

Movie di Maiaysia

Smile di Malaysia

検索フォーム

ブロとも申請

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。